塗装職人のベテランに聞きました「職人はお客さまとのコミュニケーションが大事!!」

神奈川県厚木市を拠点とし、県内の既存住宅の塗装工事を行なっている株式会社Hi-craft(エイアイクラフト)。同社の代表で、職人歴19年のベテラン・石山裕之(いしやま・ひろゆき)さんに、塗装職人として大切なこと、職人のあり方について教えてもらいました。

独立は「何かを自分で」やりたかったから

–石山さんは、いつごろ独立されたんですか?

2011年からなので、今8年目です。自分でやりたかったので独立しました。16歳から塗装の会社で10年職人をやりました。一旦遠のいた期間もありましたけど。元々ゆくゆくは独立って思っていまして、もっと稼ぎたかったとかではなく、ただ自分でやってみたかった(笑)。

–独立のきっかけは何だったのでしょう?

20歳くらいの時、何かを自分でやりたかったんです。最初は運送屋をやろうと思ってました。その車を買うお金を貯めるため塗装職人を始めたんですけど、8年くらい続けてしまったので、これで独立した方が「何かをやる」には早いなと。

–会社勤めの頃にみっちりと指導を受けたということですか?

みっちり指導してもらいましたね。そして「現場に行ってやってこい」というスタイルだったので、自分で学んだ部分も多かったです。最初は素人だったんで2年くらいは人の下に付きましたね。ある程度経ったら、僕も下の育成を任されました。やる気のある人間なら1年半から2年くらいでそれなりの技術は付くと思いますが、色々な知識やお客さまの対応なども含めると、やはり5年〜10年の経験は必要だと思います。昔ながらの職人って寡黙でってイメージだったと思うんですけど、それだと既存住宅を対象に仕事する場合、通用しないんです。もはやそんな時代ではないと思います。

「仕事は見て覚えろ」はとっくに古い

近年の若手職人の働き方を語る株式会社Hi-craft・石山さん

–御社の社員はどのような構成ですか?

10代〜30代くらいです。素人からはじめた人間もいます。私の時代の職人は「見て覚えろ」って感じでしたけど、今の子たちは答えを求めてきちゃうので教えちゃいますね。何もわからない状態で現場に素人放るわけにはいきませんから(笑)。素人を2人くらい雇って育成しました。一人は8年続けてもらっていますので、ゼロから育成した方がやめにくいのかなと、考えています。

–塗装職人は足りていますか?

足りてないですね。社員プラス1~2人くらいはいつも応援にきてもらってます。

–それはシーズン的にそうなってる?

いえ、年間通してそうです。

–仕事の請け方はどのような形が多いですか?

半分くらいは元請けからの依頼を受けて、半分はお客さまからの紹介ですかね。細かいのも合わせると年間150案件くらい、既存住宅の改修を中心にやってます。

塗装職人に大切な資質

塗装職人に大切な資質を語る株式会社Hi-craft・石山さん

–自社の塗装職人はもちろん、協力業者や応援に来る人に対して求めたいものとは?

「現場を現場として扱わない」人です。私たちが手がける現場はすでに人が住んでいる個人財産なので、そういう意識がない人は厳しいですよね。これは前職のときから持ってる意識です。人様のものに手を加えているという理解がないと、トラブルにつながりやすいから。

–例えばどのような?

車の塗装だと塗れてないところあったらお客さんは怒りますよね?家は車と比べて面積が大きいので気づかれないことがあるのですが、お客さまへの無礼としては一緒ですよ。面積が大きかろうが、出来るだけ丁寧に仕上げていかないといけませんよね。安くないですから、塗装も。プロならそれ相応以上の仕事しないと。

–では、いわゆる接客に当たるようなお仕事も大切になってきますね

そうですね。必ずお客さんとの会話は大切にします。はじめも終わりも、もちろん隣近所の方にもにらまれないように挨拶しますよ。現場の前を歩いている方がいれば挨拶。それが普通です。

–隣近所のトラブルになることもある

なくはないです。元々近所仲悪いケースもありますしね。お客さんの悪口をご近所さんに言われることも(笑)。

–なるほど。トークスキルは大切ですね

このへんは勉強と場数・経験ですかね。こう来たらこう言えっていうマニュアルを作るわけにもいかないので。「そんなことまで聞いてくる?」みたいな人もいますから、仕事のことは知っておかないと答えられない。今時なんでもネットで調べられますが、とはいえ家の形や材質・環境によって塗装の仕方って変わってくるので、ちゃんと返答できるだけ勉強して経験することです。

–それは大変そうです(笑)

塗料も樹脂が違ったりしますし、必ずメリットとデメリットがある。それをお客さまに説明できないと信頼もされない。自分たちが仕事しやすくするためには、やはり説明する能力は身に着ける必要があるんです。

–では、施工前などには入念に説明すると?

いえ、あんまりたくさんの情報を与えてしまうとお客さまも混乱してしまうので、段階を追って説明していく感じです。専門用語も多いですからね。何も聞かないお客様ならシンプルに、こういう施工がおすすめなんですとお話しさせてもらいます。結局はトークスキルというか、人と人のコミュニケーションですよね。

サスティナは自分自身の使い方次第

サスティナについて語る株式会社Hi-craft・石山さん

–ちなみに、サスティナに入った理由はどういうところにあったのでしょう?

人脈が広がるっていうところに魅力を感じました。建設業界向上委員会(交流会)とかマッチングって、その場をどう使うかは自分次第だと思いますから。サスティナに入って結果が出なかったっていう人もいましたけど、どう使うかは自分次第ですよ。

–いままでサスティナ良いつながりはありましたか?

元請けさんと会いましたよ、何社か連絡をメールでいただいて。まだ仕事をしたわけではありませんが、1社は契約して、いつでも仕事もらえるようにしてます。でも、今弊社はBtoC増やしていて、塗装業をメインとしながら、屋根の葺き替えも請けるようになっています。なのでこれから使うなら、ウチから案件の発注をしたい気持ちです。今のところ協力業者探しはあまり困ってないのですが。

–今後、石山さんにエリアや事業拡大をしたいというお考えはありますか?

あんまり大きな工事に携わりたいとか、そういう希望はないですけど、やはりもっとBtoCの仕事を請けていきたいですね。あとは、社員を増やしたい。常に求めてはいるのですがなかなか。せっかくなので、記事には「塗装職人楽しいよ」って書いておいてほしいです。

–真面目な話を多く語ってくれた石山さん、実際はお茶目なところもある素敵な人物です。塗装職人の実情について、その一端を垣間見ることができました。本日はお忙しいところ、インタビューに応じてくださりありがとうございました。

(表紙候補アナザーカット)

株式会社Hi-craft・石山さん

取材対象
石山 裕之(いしやま・ひろゆき)/株式会社エイチアイクラフト代表/職人歴19年/神奈川県出身

■企業データ

社名:株式会社エイチアイクラフト

本社所在地:〒243-0217 神奈川県厚木市三田南3-1022

従業員数:5名

事業内容:塗装防水・シーリング屋根板金造園・植栽
企業ページ:
https://sustina.me/company/657565

塗装職人のベテランに聞きました「職人はお客さまとのコミュニケーションが大事!!」
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG