美容室を売却し、改修工事会社を買収した元バックパッカー

美容室やバーの経営者、バックパッカーを経て、現場監督に

ヴィーガンスイーツと建設業——。一見かけ離れた二つの業態を展開している、ちょっと変わった経営者がいる。

佐々木信さんは、もともと美容師だったが、美容室やバーの経営者、バックパッカーを経て、現場監督になったという異色の経歴の持ち主。現在は、東京都練馬区にある株式会社ism(イズム)の代表取締役を務めている。

「自分の性格上、好きなことでも飽きちゃいますし、飽きた時はすごくや辞めたくなっちゃうんです。だから、事業の柱は10個あると楽しいかも(笑)」

佐々木社長がどんな考えで株式会社ismを経営しているのか気になってしょうがない。ということで、建設業界のなかでも異彩を放っている佐々木社長にインタビューしてきた。

少人数の内装工事会社・株式会社ism

事業について説明する株式会社ism代表・佐々木さん
佐々木信(ささき まこと) / 株式会社ism(イズム) / 内装一式工事(資材のみ)

株式会社ismは社員5名、建設部門の年間売上が約1億5000万円の少数精鋭の会社。内装工事の施工と施工管理を中心に手掛けている。

社名の頭文字「i」「s」「m」にはそれぞれ、アイデア・スピリット・ミッションという意味を込めている。

「うちの会社は、自分で発想して、自分でやってみることを大事にしています。自らPDCAを回せる人間の集まりにしたいんですよね」。

しかし、佐々木社長には、建設業への“こだわり”が微塵もない。

「商売は縁があれば何でもいいなって思っています。何屋さんってのは決めてないです。今は絵の販売がしたいかな」。

今、建設の分野では、内装改修事業と界壁事業を手掛けているが、飲食業ではヴィーガンスイーツ事業、さらに、バイクを通じて社会貢献するというコンセプトの事業も展開している。

内装はもともと「想い入れが強くない」から選んだ

専門学校を卒業後、佐々木社長は、いったん美容師になった。

「髪を切るのが好きだったので美容師をやっていたんですが、トントンとステップアップして天狗になって、23歳で独立したいと考えるようになりました。お金を稼いでモテたかったんですね(笑)」。

美容室にくわえて、バーも経営したくなり、24歳で有限会社を設立。翌年には、もう1店舗、美容室を開業した。

「でも、自分の性格上、好きなことも飽きやすくて、飽きた時はすごくやめたくなっちゃうんです」。

結局、その有限会社は、29歳の時に売却した。

その後、バックパッカーになって、日本に戻ってきてから、大規模改修工事の会社に入社。現場監督業の勉強を開始した。

「事業を興しても、すぐに飽きてやめてしまうと、お付き合いする人たちに対して良くない。それならば、はじめからそんなに思い入れが強くない仕事をしよう、そう思って選んだのが建設業の仕事です」。

2年後には、ある事情があって、その入社した大規模改修工事の会社を買い取ることになった。

買い取った会社は合併などで事業規模が大きくなり、内装工事を含む改修工事全般にまで事業範囲が拡大していった。

「できる限りやってみたら、年間10億くらいの売上を立てられました。けれど、365日ずっと気が抜けない状態になっていました」。

プライベートの時間もなく、「幸せじゃない」という思いが積もって、結局、その大規模改修会社も離れることを決意した。そうした想いから立ち上げたのが、今の株式会社ismだ。

事業の柱は、業界限らず10個あると楽しそう

事業展望を語る株式会社ism代表・佐々木さん

株式会社ismには、佐々木社長の思想が存分に反映されている。具体的には「働く時間が自由で、お金もそんなに心配なくて、好きな時に働ける状態」だ。

ちゃんと売上という結果を出していれば、働き方についてうるさく言わない。逆に結果が出ていない時は、結果を求める。

「一つの事業部の売上は2億円ぐらいが理想です。以前と比べて片手間にできるからです。

先のことはわからないけど、事業としての柱は業界にこだわらず、10個出来たら楽しそうですね。それぞれの事業部のトップが横軸展開して豊かになれたら最高です」。

勝手知ったる建設業界内で事業の柱を増やしていくほうがビジネスを拡大していく上で、確実性があるのは言うまでもない。

しかし、佐々木社長は「だからと言って固執する必要はない。視野を広く持ってチャレンジするのも悪くないよ」と笑う。

建設業に対する思い入れが少ないことが、逆に、株式会社ismの強みになっているようだ。

建設業で一番大事なこと

インタビューの最後に、建設業で大事なことについて聞いてみた。

佐々木社長は「約束を守ること」だと言う。

「年末年始に病院の工事をやったんです。忙しい時期なので、かなりスケジュールはタイトでした。そこで初めてお付き合いする協力会社さんに仕事を依頼したのですが、実は技術的にやれなかった。

もし工期に間に合わなかったら、損害賠償や裁判だったりの二次災害にも繋がる話なので、とても大変でしたが、自分たちでぎりぎり終わらせました。

約束とは、工期・金額・モラル・品質に関わることすべて。技術があるというのは当然ですけど、約束を守る人であることが一番大事ですね」。

[企業情報]

社名/株式会社ism(イズム)

https://sustina.me/company/659319

本社所在地/東京都練馬区氷川台2-15-5-301

自社請け可能職種/内装一式工事(資材のみ)

対応可能エリア/埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県