多能工で元プロゴルファー!「愛される街のリフォーム屋さん」は芝目も『街の特性』も読む!!

株式会社renoval(リノバル)の代表・神取佑樹(かんどり・ゆうき)さんは元プロゴルファーという異色の経歴の持ち主。東京でも憧れのブランドエリアとして知られる恵比寿、広尾に根ざした「街のリフォーム屋」として愛される同社のこれまでの歩みと、独自の営業スタイルについて話を伺った。取材対象=神取 佑樹(かんどり ゆうき)/株式会社renoval代表/大手リフォーム会社勤務を経て独立/愛知県出身

リフォーム屋への転身は「ちょっとした勘違い」から

–リノバルさんは現在、どのようなお仕事をしていますか?

恵比寿、広尾を中心にリノベーション、リフォーム工事をさせてもらっています。多能工の職人兼現場管理の従業員が2名いて、他にもチームとしてずっと一緒にやっていくれている外注の職人さんと動くことが多いです。独立から2年になりますが、戸建ての住宅やマンション、最近はオフィスのリノベーション工事なども請けていることが多いです。

–神取さん自身は職人としての経験もあるのですか?

職人として技術は身に付けましたが、僕は性格が大雑把なところがあって職人に向いてなかったんです。でも、現場では気になるところを指示するだけじゃなくて、今でも手伝ったりしています。常にどこかの現場でやってますね。

–神取さんはなぜこの業界に入ろうと思ったのですか?

出身の愛知県で、大手リフォーム会社に8年ほど勤めたのですが、実はその前に2年ぐらいプロゴルファーとして活動していまして……。

プロゴルファー時代の株式会社renoval代表・神取佑樹さん
写真提供/株式会社renoval

–えっ!? プロゴルファーですか?

その時にスポンサードを受けていたのが建設会社さんだったんです。だからゴルフ場で職人さんと話す機会も多く、聞けば「俺、1日2万円」みたいな話をしてるんです。僕にとっては「何それ!?」と。プロゴルファーは試合で負けたら賞金ゼロですからね。むしろ移動も合わせるとマイナスもザラっていう状態。プロ生活は練習があって試合があってと、365日が仕事のような感覚だったので、そのイメージのままで話を捉えてしまい「1年で720万も稼げるのか」と考えてしまったんですね(笑)。それが最初の興味でした。

–最初はちょっとした勘違いだった(笑)

そうなんです。ゴルフはアマチュアの頃に優勝したりすることもあったのですが、プロの世界はやっぱり真剣勝負だし、ギスギスした空気感もあって、思っていたような成績は残せなかった。勝負に対する甘さが出てしまう部分もありましたね。やがて、2年目になった頃にはプロとしての活動をしながらも建築の方の勉強を始めてたんです。その時は職人になろうと思っていましたけどね。

–ゴルフをやっていたことは仕事に役立っていますか?

前職のリフォーム会社に勤めていたころに世話になっていた問屋さんやメーカーさんとは月に1回コースを回ったりしています。おかげさまで仕入れを安くしてもらえたりという恩恵に授かっています。付き合いのある人から接待などでゴルフにお呼ばれする機会も多く、そういう場面での出会いも仕事につながりやすいですね。

株式会社renoval代表・神取佑樹さん愛用のゴルフ道具
写真提供/株式会社renoval

「お客さまを満足させられてないのでは?」という疑問から独立へ

–抜群の営業ツールですね。では独立する前はどのような仕事をしていたのですか?

大手リフォーム会社勤務の時は、現場管理と営業を兼ねたような働き方でした。そのころに強く思っていたのが「お客さまは本当は満足していないんじゃないか」ということだったんです。大手だとノルマがあって、同時期に10件、20件の現場を見なければいけないこともある。すると、細かいところまで見てあげられません。

–そうしたギャップから独立を考えるようになっていったのですか?

そうです。お客さまからすれば担当は僕なわけで、そんな人間が側にいてくれないのは違うのではないか、という違和感を感じていました。僕が独立した理由には、お客様ともっと深く関係性を作っていきたいということがあったんです。関係性や信頼を築いていくと本当にお客様が求めているヒントが感じ取れるんですね。

–その想いは独立後も大切にしていることになっていると

従業員にも事務所で何かやっている時間があるなら、現場に行ってお客様のために掃除でもなんでもやれることをやるようにと言っています。工事中もとりあえず現場に行って何か探してやって来いとも。営業のトレーニングのためという考えです。

–リノバルさんは複数の案件を掛け持ちはしない方針ですね

そうですね。従業員は付きっ切りです。お客さま満足のためには当然ですが、ほかにも残工事を出さずに済みます。職人さんの仕事を工期内に終わるように我々が立ち振る舞っていると、結果、一番粗利が良いですからね。それでお客さまの満足度も高ければ、リピートにもつながります。

「住む人の暮らしをデザインする」

株式会社renoval代表・神取佑樹さんのインタビューカット

–神取さんが今の仕事を続けていて、楽しいと感じるところは?

一番は、お客さんのライフスタイルのデザインをすること。その空間をデザインすることなんです。例えば網戸1つでも「神取さんの言った通り、網戸をブラックにしたら外の景色がよく見えて、毎日楽しい!」みたいな感想をもらえたりするんですね。そんな小さな工事もデザインなんだと考えています。

–では、技術的な面で大切にしていることはありますか?

弊社は一緒にやってくれている職人さんと一緒に「多能工職人集団」というものを目標に掲げています。職人の知識や技術は専門別に異なりますが、お客さまから見れば現場管理の人間も職人も違いはなくて、「工事をしてくれる人」。そうなると僕たちがお客さまに応えられる範囲は広い方が良い。技術だけの話ではなくです。

— 技術以外の部分とはどのようなもので

多能工集団にも3段階のレベルがあって「第1段階」は、技術面は多能工でなくても、職人然とせずに話をしっかり聞くなど、お客さま応対のスキルを身に付けること。「第2段階」は、施工はできなくても、お客さまの要求を技術的な部分まで理解できること。それによって、自分で手を動かせなくても他の職人との連携がスムーズになります。「第3段階」は、本当の多能工ですね。

–営業方法などで、リノバルさん独自のスタイルなどはありますか?

独立時からの決めごとで、本社の恵比寿、広尾の街を中心に考えていて、半径5キロ以上もしくは移動時間で30分以上かかってしまう現場は請けないようにしてます。僕らリフォーム屋は、毎日現場に顔を出すことが仕事なので、5キロ以上距離があると大変です。やっぱり担当は毎日現場にいることで、お客様にとっての最大の安心になるのではないかと思います。また、このエリアに住んでいるお客さまは、裕福な方が多いので、お持ちのマンションだったり事務所の方をデザインからやってほしいなんていう依頼も受けたりしていますね。

–ブランドエリアでの仕事で気を付けていることなどを教えてください

個人宅が中心なので、応対してくれるのはもっぱら奥さんなんです。彼女らは近所で「ウチで使ってるリフォーム屋さんはゴルフができて〜、何々ができて」みたいな身の上話をしたがる人が多いようなんですね。そんなちょっとした自慢話の対象として、恥ずかしくないような立ち居振る舞いには気を付けています。

–例えばどのようなことでしょうか?

お客さまのところに行くときにはいわゆる『ザ・作業車』みたいな車で乗り付けるのではなく、その近隣に止まっていそうな車で行ったりもしてますね。お客さまを車に乗せて移動するようなこともあるので、その辺は気を遣います。このエリア向けのサービスと言っても良いかもしれません。

–確かに特有かもしれませんね。では、リノバルさんの今後の展開など何かありましたら聞かせてください

すでに小さく始めていることでもあるのですが、不動産屋さんとのつながりを増やして、中古の物件案内に一緒に回りたいですね。僕を連れていってもらえれば、その場でリフォームの金額や工期も伝えられますから。それが現場管理をやりながら営業もやってきた自分の利点だとも思うんです。

株式会社renovalの展望を語る代表・神取佑樹さん

–最後に今後のリノバルさんの目標はどういうところでしょう

今の地域密着スタイルがうまくいくなら、任せられる社員にこのスタイルで他のエリアに広げていきたいです。このスタイルなら、お客様に満足してもらえる自身はありますので。

–リアリティのある話ですし、そう遠くない未来だと感じます。今後が楽しみです。本日はありがとうございました。

リノバルさんのサスティナ活用事例インタビューも併せてご覧ください。

「協力業社募集があるから大きな仕事も請け負える安心感ができた」

https://sustina.me/case/2

株式会社renovalの展望を語る代表・神取佑樹さん、根付いた広尾の街をバックに

■企業データ

社名:株式会社renoval

本社所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-22-15エクセレントシティ恵比寿503

従業員数:3名

事業内容:リノベーション・リフォーム工事業

多能工で元プロゴルファー!「愛される街のリフォーム屋さん」は芝目も『街の特性』も読む!!
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG