東京2020正式種目・スポーツクライミングの設備を日本に持ち込んだ専門施工業者

五輪種目となったスポーツクライミング

2016年8月に国際オリンピック委員会(IOC)総会において、『東京2020』の追加種目に決まったことを受けて、その注目度が高まったスポーツクライミング。

競技に使用されるスポーツクライミング設備を専門的に手がけている施工事業者の矢野光之さんは、日本に初めてスポーツクライミング設備を持ち込んだ人物だ。

矢野さんが代表を務めるピラミッドジャパン社は、数少ないスポーツクライミング設備の専門施工業者である。

そこで、矢野さんが施工した設備がある「アウトドアヴィレッジ」(東京都昭島市)の矢島曉彦さんの両名に、スポーツクライミングを取り巻く事情と、専用設備工事について話を聞いた。

※……ピラミッドジャパン社が施工を担当したのは、『スピード』という競技で使用される設備

「スポーツクライミング」とは

東京2020で正式競技となったスポーツクライミングは、認知度の高い「ボルダリング」の他に「スピード」、「リード」の2種目を合わせた複合形式で実施される。

この3種目の合計得点でメダルの行方が争われる(各種目の詳細については後述します)。この上記3種目を合わせた競技名がスポーツクライミングだ。

ボルダリング人気が高まり始めたところで東京2020の競技に決定

アウトドアヴィレッジを運営する昭和飛行機工業リアルエステート事業部の担当部長・矢島曉彦さん
昭和飛行機工業株式会社リアルエステート事業部担当部長・矢島曉彦さん

ボルダリングはスポーツ、レジャーとしても浸透してきている感もある。果たして、施設の利用状況はどうなっているのだろうか。アウトドアヴィレッジを運営する昭和飛行機工業リアルエステート事業部の担当部長・矢島曉彦さん以下ように話す。

「近年、健康や美容などへの意識が高い女性をはじめ、徐々にボルダリングを始める人が増えてきていたんです。そこへ去年の東京2020正式種目に決定の発表があって、さらに興味を持ってくださる人々が急増しました」。

アウトドアヴィレッジの設備は、東京2020の決定の前には出来上がっていたのだが、ボルダリングはともかくとして、残りの2種目の設備は愛好家でもない限り、文字通り取り組む壁は高そうなもの。しかし、全てを揃えることにビジョンがあったという。

MORIPARK Outdoor Village

「社名からもおわかりだと思いますが、弊社は元々飛行機を作っていた会社です。戦後にそれが難しくなったため様々な転換や事業展開がありました。やがて、当時の工場跡地を活用して不動産業やレジャー産業に取り組む中で、『何かに特化した商業施設を作りたい』というコンセプトから、このような本格設備も置くことができるようになったのです」(矢島)

このアウトドアヴィレッジに設置されている3つの種目設備は、国際的な競技大会にも使用される本格派。関東でこの3種目全てを揃えた施設は数少なく、日本全体を見渡しても決して多くはないという。

「こういう環境ですから、競技志向の人々は多く訪れてくださいますし、それを見てボルダリングを始めてみるレジャー感覚の人も増えてきました。現在はおかげさまで創業3年目で9,000人弱の会員様がいます。東京2020のこともあって、ここ1年は急激に増えましたね」(矢島)

巷で、クライミング人口は20万人とも言われているそうで、その約20分の1をアウトドアヴィレッジの利用者が担っている。

ピラミッドジャパンが「アウトドアスポーツ専門施工」のワケ

機械器具設置工事業者「ピラミッドジャパン」の代表・矢野さん
『ピラミッドジャパン株式会社』の代表取締役・矢野光之さん

クライミングウォールを中心に、アウトドアスポーツに特化した設備施工業者であるピラミッドジャパンの代表・矢野さんと、競技志向者も納得の施設を提供できるようにプロジェクトを進めた矢島さん。

2人に共通するのは、ともに登山、クライミングを嗜んできたというところ。特に矢野さんは中学校まではよく山に登って遊び、高校では山岳部に所属するなど、根っからの山登り好きだ。

元々とある企業の工業製品や機械製品を扱う商社部門で働くサラリーマンだった矢野さんが、初めてクライミンングウォールを目にしたのは今からおよそ30年前。足を運んだスポーツ関連の展示会にて、フランスにある『ピラミッド社』の出展を目にした時に遡る。そしてこの後、矢野さんは日本に初めてクライミングウォールを持ち込んだ人物となるのだった。

「ダメ元で会社に稟議書を提出したら、それが通ってしまいまして、勤めていた会社が日本で初めてクライミングウォールを輸入することになったのです。

ただ、会社で取り扱っている製品とは全く趣の異なるものでしたから、それに精通している人間が担当者になる運びとなり、私が任を引き受けました。周りからは、『あいつ、自分の趣味を仕事に持ち込みやがって』と煙たがられる感じもありましたけどね。矢島さんもきっとここをつくる時に、同じような逆風を受けていたんじゃないでしょうか(笑)」(矢野)

近年、こうした設備を見かける機会も増えてきているが、まさか四半世紀以上前から国内に存在していたとは予想していなかった。

スピードを説明する機械器具設置工事業者「ピラミッドジャパン」の代表・矢野さん

「実際にどうやってこの設備施工を行っているのかを学ぶため、ヨーロッパにも行きましたよ。そこでノウハウを得てから日本に戻り、協力会社さんと一緒に現場に立つことも私の仕事になりましたね」(矢野)

やがて、10年ほどその会社でクライミングウォールに仕事として携わり続けた後、矢野さんは独立を決意。勤めていた会社が輸入したクライミングウォール用の資材などは全て自ら買い取り、『機械器具設置工事業』の建設業許可を取得してピラミッド社の日本総代理店となるピラミッドジャパンを設立した(ピラミッド社と並ぶクライミングウォールの世界的トップブランド『アントレプリーズ社』の日本総代理店でもある)。

スポーツクライミング競技「スピード」に使用されるウォールの背面
スピードの壁の裏側

実際の施工は、基礎工事、鉄骨工事によって構造物がつくられ、そこに合板やFRPのパネルでできた“風変わりな外壁”が取り付けられていく。見た目以外は建物をつくる建設工事と同じ流れ。加えてピラミッドジャパン社が施工管理をする下に、複数の協力会社が加わってつくられていくという人間環境も変わらない。ただし、やはり外壁の部分は競技としての性格上、違いもある。

スポーツクライミング競技「リード」に使用されるウォールの背面
写真はリードの壁の裏側

「施工技術的なことを言えば、他社と協力しながらやっている訳ですからクライミングウォール工事だけに必要な技術はありません。少し違うのは、パネルを張り合わせてつくっていくので、僅かなズレも無視できないというところです。

ほんの1mmのズレだったとしても、15mの壁ではその末端に大きな差ができてしまいます。それによって、競技性を損なうこともありうるので、よりデリケートさが必要なのです」(矢野)

注目度の高まりで、問い合わせは増えてきたが…

インタビューを受ける機械器具設置工事事業者『ピラミッドジャパン株式会社』の代表取締役・矢野光之さん(写真左)と、アウトドアヴィレッジを運営する『昭和飛行機工業株式会社』のリアルエステート事業部担当部長・矢島曉彦さん

ピラミッドジャパンでは、国内のエリアを問わず施工を行っているため問い合わせは多い。そこへ前述の通り、元々の上昇気流に東京2020という決定打が打ち込まれ、矢野さんはますます多忙を極めるようになった。

「問い合わせは確実に増えました。ただ、日本においてはこのクライミングウォールというもの自体があまり浸透していないため、その規模感を持っていない人からお話を受けることが多いのです。

従って、口頭での説明や見積作業は当然ながら、そこに付随して、設計図や3Dで完成予想図のようなものを作成してあげなければなかなか理解してもらえないという実情があります」(矢野)

続けて、クライミングウォールを有する施設が少ないという、上記の背景ともなっている国内の現状を嘆く。

スポーツクライミング競技「スピード」の世界大会の様子
写真提供/昭和飛行機工業株式会社

「欧米では古くからアウトドアが盛んですし、今はお隣の韓国にもたくさんのクライミングウォールがありますよ。でも、日本人は良くも悪くも保守的なところがあるので、これまで「危なそう」というイメージからか、なかなか導入に踏み切ろうという考えにいたる人が少なかった。

私から教育施設などに導入のお話しさせてもらうこともあったのですが、理解を得られずでしたね。よっぽど夜道を黒い学生服を着て歩かなければいけない状況よりは安全だと思うんですけどね。

逆に『これが良い』となったら一斉に容認するような国民気質もあるので、今は東京2020の後押しもあるから、レジャー施設を運営する会社などが、会社に稟議を通しやすくなっているのではないでしょうか(笑)」(矢野)

矢島さんも「私もここにクライミングウォールを建てるにあたって、上層部の説得も兼ねて盛り上がりを視察してもらいに海外へ連れて行きましたよ」と“国内と海外との違い”に同調した。

東京2020後のアウトドアスポーツのために

2人がともに心で思うことは、現在の注目度、人気を一過性のものにせず、スポーツクライミングないしはアウトドアスポーツを、東京2020以降も日本に定着させたいというところ。だからこそ、それぞれに想いやビジョンがある。

インタビューに答えるアウトドアヴィレッジを運営する昭和飛行機工業リアルエステート事業部の担当部長・矢島曉彦さん

「アウトドアヴィレッジでは毎週末、お子様やそのご家族などが楽しめるようなイベントを開催しています。ここ(昭島)より先は奥多摩ですから、この周辺にはアウトドアの素養を持った人も多いんです。だからこそ、スポーツクライミングに触れてほしい」(矢島)

インタビューに答える機械器具設置工事業者「ピラミッドジャパン」の代表・矢野さん

「このスポーツは空間を縦に使う訳ですから、国土面積がそう大きくない日本でも、つくりやすいというメリットもあります。テニスコート1面で競技を楽しめるのは4名ですが、これなら同じところでその何倍もの人が汗を流すことができる。

加えてこれからはもっと、スポーツクライミングに日本の独自性をもたらしていけるといいですね。国内では今、間伐材が余ってしまってますから、木造の設備をつくったりするのはすごく良いんじゃないかと考えています。

アウトドアヴィレッジさんは、これだけの設備を有している訳ですから、一緒にルールなども踏まえ、日本にあった種目、楽しみ方を提供できたら面白いと思います」(矢野)

これまでのスポーツクライミングは、各地にいる矢野さんや矢島さんのような競技愛を持つ人々によって、緩やかに国内に根を下ろしてきた。果たして、これから3年後、そしてその先、スポーツ、レジャーとしてスポーツクライミングを取り巻く環境はどうなっているのだろうか。

競技レベルの向上とレジャーとしての普及において、東京2020までにさらなる追い風が吹く。この先数年、大切な時間を迎えようとしているのは間違いない。

スポーツクライミングの種目

「スピード」

スポーツクライミング競技「スピード」に使用されるウォール

15mのほぼ垂直(わずかに前傾)に建てられた壁に取り付けられた『ホールド』(手や足などを掛ける部分)を利用して登っていき、いかに素早く登り切るかを競う、名前通りの種目(命綱を付けて行われる)。

設置するホールドの位置や角度、間隔を含め、そのコースは国際ルールに定められていて、同時に2名の競技者が争う。アウトドアヴィレッジの設備には4名分のコースがある。

スポーツクライミング競技「スピード」の様子
写真はアウトドアヴィレッジで開催された『SPEED STARS2017』より/提供=昭和飛行機工業株式会社

なお、世界のトップレベルは、この高さを男子が5秒台、女子が7秒台で登っていくという。

「リード」

スポーツクライミング競技「リード」に使用されるウォール
スポーツクライミング競技「リード」の様子
写真は2017年の『アウトドアヴィレッジカップ』より/提供=昭和飛行機工業株式会社

12m以上の高さのある傾斜も様々な壁を登りながら、命綱となるロープをクイックドロー(写真)と呼ばれる壁に取り付けられた器具に掛けつつ登っていき、制限時間内に到達した高さを競う種目。

アウトドアヴィレッジのウォールは垂直径が15mとなっていて、上半分(およそ)の壁の角度調整によって難易度を変えることができる。

「ボルダリング」

スポーツクライミング競技「ボルダリング」に使用されるウォール
スポーツクライミング競技「ボルダリング」に使用されるウォール

ボルダリングでは、デザインされた5mほどの壁に設置されている定められたコースを、制限時間内にいくつ(何コース)クリアできたかを競う。

命綱は装着しない代わりに、ボルダリング設備には分厚いマットが床面に敷きつめられており、仮に落下した場合も比較的高い次元で安全性は確保されている。

[施設・企業情報]

MORIPARK Outdoor Village

〒196-0014 東京都昭島市田中町610-4

042-541-0700

JR青梅線「昭島駅」北口より徒歩3分

http://outdoorvillage.tokyo/index.html

ピラミッドジャパン株式会社

〒357-0062  埼玉県飯能市永田387-5

042-980-5650

https://pyramide-japan.com/

 

詳しくはこちらをクリック