戦後から続く電気・エアコン工事会社は『声に耳を傾ける』ことで社内もサービスも改善!

創業から70年続いている伊藤テクノ株式会社。電気設備工事を行う同社三代目の代表・伊藤丈史さんは事業を受け継ぎ、時代に合わせた展開、社内コミュニケーションの改善を行いながら会社を拡大させ続けています。そこに至るまでには人材獲得や新しいサービスの発案などで、多くの苦労があったそうです。その一端を聞きました。

歴史ある電気工事会社を継承

電気設備工事の伊藤テクノ株式会社代表・伊藤丈史さん

–伊藤さんが建設業界へ入ったきっかけを教えてください

私は、元々飲食店に勤めており飲食業界で独立するか、電気工事会社を経営する父の跡を継ぐかを迷っていたのですが祖父の代から続く会社を継がないことは、一族にも申し訳ない気持ちがあり、使命感で建設業に入りました。

–建設業界に入ってみて、不安なことなどはありませんでしたか?

父の会社に入った当初は給与が10万円でして、お金の面もありましたが、電気工事の経験が全くなかったので何をやっていいか分からないというのが一番の不安でしたね。

–電気工事の技術はどのように身に付けていったのでしょう?

私の父が職人だったので、父から技術を教わり2人ですべての工事対応していく中で覚えていきましたね。

–仕事でお父様とぶつかることはありましたか?

ありました。私が営業に行き、新しい仕事を取ってくると父が仕事を断ってしまうんです。理由は今ある仕事以上に案件を請けて、もし失敗すると大変だからというものでした。そんな考え方の違いから、私が嫌になって独立したんです。 今は家業を継いでいる形ですが、実態は少し複雑なんですよ(笑)。

–独立後は、どのような働き方をされていましたか?

最初は私一人で職人として仕事をしていたので、初年度は休みもなく、睡眠時間も削り、朝晩ずっと現場。帰ってきては、事務作業と段取りの繰り返しの日々でした。

–それはハードですね。独立後、社員を雇用する考えはなかったのですか?

まずは自分が「これ以上仕事を請けるのは無理」というところまで仕事をやり続け、それくらいの仕事量を確保できれば雇用しても大丈夫だろうという考えを持っていました。最低限の生活費以外のお金は、すべて会社に投資をすると独立したとき決めて資金づくりをしていたこともありまして、まとまったお金が出来たタイミングで採用活動を始めましたね。

–人手不足になって久しい建設業、採用活動は順調でしたか?

社員が「入社しては退職」を繰り返し、広告にかけたお金と費用対効果が合わずに大変でした。当時私は、自分と同じ働き方と環境に居れば社員も成長できると考えていて、自分のスタイルを押し付けていました。でも、それではダメだと気付き、労働環境を見直しました。一緒に成長していこうという考え方で、社員との関わり方を変えると残る人間が増えましたね。

採用活動を語る電気設備工事の伊藤テクノ株式会社代表・伊藤丈史さん

–具体的に行ったことなどを教えてください

まず毎朝、現場に行く前に1時間の朝礼を実施しました。私は「会社をこうしていきたい」という想いをいつも語り、社員の人生感など、皆と毎朝沢山の会話をしました。話が熱く続いたときには、現場に遅刻してしまうことも(笑)。沢山会話し、互いのことを知るきっかけになったと思います。また生活のメリハリのため、勤務時間を短くし、休日も増やしました。

–伊藤テクノでは現在、社員の評価をどのように行っていますか?

弊社では、社内評価制度を導入しており、上司評価と自己評価のコンセンサスの上で、査定しています。「新人クラス」「一人で現場を回れるクラス」「マネージャークラス」「経営者クラス」の4段階に分け、そこから各評価項目があり、給与のポジションを決めていますね。

サスティナ入会のきっかけ

–サスティナにはどのような経緯で入会されましたか?

私が建設職人甲子園(建設業業界のイメージアップ、職人の地位向上を目的とし、関わる全ての企業のチーム力を高め続ける団体)の理事をしていまして、その時にユニオンテック(サスティナを運営)の大川祐介会長(現サスティナの前身サービスを考案)と出会い、建設業界を良くしていきたいという熱い思いに共感して入会することにしました。

設備トラブルを即解決するサービス

自社サービスを説明する電気設備工事の伊藤テクノ株式会社代表・伊藤丈史さん

–伊藤テクノさんのホームページを見て気になるサービスがあったのですが、呼び出しボタン「HELPY」とはどのようなものでしょうか?

弊社がエアコンを取り付けたお客様が設備のトラブルに遭われたときに、ボタンを押してもらうとスタッフからご連絡させていただくというサービスになります。お客様がお困りの際に「頼んだ業者さん、どこか忘れちゃった」という声が多かったので、解決策として考えたものです。設備のことなら何でも、24時間受け付けています。今後ももっとITを絡めて魅力あるサービス生み出すため、積極的に社内でデザインシンキングを行っていくつもりです。

「HELPY」
https://itotechno.com/wp-content/themes/newitotechno/img/index/Helpy.png

–また10年保証というサービスもあるようですが、ありがたい保証ですね

私たちが提供する業務用エアコンをお客様に安心して導入いただくための、アフターケアサービスの一環です。導入前に「10年間保証してくれるサービスは無いのかな?」とインターネット等で色々調べたのですが、やっているところは無く、それならばウチで作ろうと思ったのがきっかけでしたね。

全国で活躍できる直手の職人をつくる

–今後の伊藤テクノの目標や展望を教えてください

全国各地で活躍できる直手(じかて)の職人を作ることが私の目標です。伊藤テクノとしては今年、少し無理をしながら利益を出し、投資などを行いながら成長してきました。しかし、もう一度地に足を付けて利益をしっかりと上げられるビジネスモデルを再構築し、それを軸にさらなる売上アップを目指します。

–「地に足を付ける」。人の『声』に耳を傾けることで、社内外の課題を解決してきた伊藤テクノさんの得意分野ですね。きっとそうなるであろう景色しか想像できません。本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。

取材対象

伊藤 丈史(いとう・たけし)/伊藤テクノ株式会社代表取締役CEO/戦後から続く家業を継ぎ、3代目にして事業を新たなステージへ発展を遂げさせた

戦後から続く電気・エアコン工事会社は『声に耳を傾ける』ことで社内もサービスも改善!
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG