「電気、建設業を子供の将来なりたい仕事TOP10入りさせたい」

今回は、電気の力で日本を明るく照らしたいと考えている電気・電気通信設備の工事から施工管理を行っている北都電業株式会社の代表取締役・佐々木大輔さんにインタビューしました。火の車状態で父から受け継いだ会社を立て直し、軌道に乗せ、上昇曲線を描いた電気工事会社社長は、今もなお「学び」「刺激」に貪欲です。

取材対象

佐々木 大輔(ささき・だいすけ)/北都電業株式会社、株式会社ホクト/代表取締役/電気工事会社で現場仕事、監督業を経験したのち父から継いだ現会社の代表取締役に就任

電気設備会社を受け継いだ2代目社長

–建設業に入ったきっかけを教えてください

父が電気設備会社を経営していたこともあって、同じ仕事をしている電気設備会社に就職しました(父親が経営する会社とは異なる)。弊社に入ったのはその会社で経験を積んだ後で、現場監督として図面を書くところからスタートしました。後に父から会社を受け継いだのですが、自分で職人の別会社(『株式会社ホクト』)も作りました。

–建設業界はたくさんの課題がありますが、現場監督の業務をしていたときに疑問に思っていたことなどはありましたか?

現場監督時代は、定時がないことが嫌でしたね。職人さんと同じく朝の8時から仕事が始まり、職人さんが17時に現場を上がっても、監督の自分は21時・22時が当たり前で家に帰っても何もできない。そんな働き方に疑問を感じていましたね。

–お父様から会社を継がれてから不安はありましたか?

不安だらけですよ(笑)。バブル崩壊時に景気が悪くなり、設備投資の借金も残っていました。自分の給与を全部会社に入れていましたが、全然足しにならないくらいの額があり、住んでいた家を売って返済したりもしました。そんな状況だったので、不安しかなかったですね。

–大変な状況で会社を継がれたのはすごいですね

ただ、作業車や道具を買うことができるお金が幸い残っていたので、また一からやり直そうと考え、父の会社を継ぐことを決心しました。これもマイナスからのスタートだったら、たぶん後は継がなかったでしょうね。

–後を受け継いだ後、お仕事はどうやって獲得されていきましたか?

父が経営していたときは、大きな会社1社からの仕事をコンスタントに受注して、誠心誠意に対応していく考え方でした。しかし、私が経営者となってからは、仕事を与えられるだけではなく、自ら仕事を選ぶ方向にやり方を変更し、営業に出向いたり、元々務めていた会社から仕事を受注したりして、お客さんを増やしていきました。

–営業力を強化されたのですね。顧客の新規開拓の際はインターネットを使われますか?

元々インターネットは一切信じていませんでした。だからサスティナも最初は信じていませんでしたね。しかし、サスティナには実際に出会える建設業界向上委員会(交流会)があるので、見え方が違ったんです。サスティナがインターネットだけのものであったら、何も見向きもしなかったと思います。

–インターネットで仕事の受発注という形態を信用してもらう為には、どうしたら良いと思いますか?

建設業界は、今までインターネットのみで繋がり、仕事の受発注を行うという文化がなかったから、一度も会ったことが無い人と仕事をするのは正直抵抗がある人が多いはずですよね。そのつなぎ的に、直接会うことが出来る建設向上委員会があるように、リアルとネットの両方あることがすごく大事だと考えます。良いことしか書いていなく、悪い部分はひた隠された情報は、信用されないと思います。

サスティナと運命の出会い

–サスティナはどのように知りましたか?

サスティナとの出会いは凄いですよ(笑)。ファックス1枚です。

–……ファックス1枚といいますと?

事務所にサスティナから勧誘のファックスが1枚入っていました。ファックスの内容は「建設業界を変えませんか?」と。ちょうど自分は電気工事屋の組合にも入っており、電気工事業界を変えたい、良くしたいと考えていた時でした。正直、ファックスを見たときは会費を集めたいだけではないかと疑っていましたが、興味があり自分から直接電話して、こちらから出向いて話を聞くことにしました。

–こちらが言うのもなんですが、よくぞアクションを起こしてくれました(笑)

建設業界を変えることは簡単なことではないですが、サスティナを作った大川(祐介)さんの話を聞き、この建設業界に対する思いと情熱を感じて、サスティナに入ることにしました。運命のファックスですね(笑)。

–サスティナに入って良かったと思う事はありますか?

お客さんから電気工事以外の仕事を相談されても、サスティナで繋がった他工種の仲間がいるので、お客さんの要望に応えることが出来るようになりましたね。

電気設備会社の経営者として、今なお学ぶこと

–建設業界向上委員会で繋がりは生まれましたか?

2社くらい、これから長いお付き合いになるだろうと思う会社と繋がりました。自分が建設業界向上委員会に求めているものは、お客さんになる人や建設会社の繋がりも大切ですけど、それよりもパワーと熱意のある建設会社の経営者と話すことで、私も経営者として学ぶことが沢山あり、すごく刺激を受けられるところです。

その刺激の中に常に居たいなという気持ちがあります。建設会社の若い経営者や勢いがある方と繋がると、こちらもパワーをもらいモチベーションが上がります。

–佐々木さんが、お仕事をするうえで大切にしていることを教えてください

電気設備の仕事は建物の血管を作る重要な仕事だと考えてやっています。また、会社には必ず得意な分野があり、やれる仕事とやりたい仕事は別で、仕事の風呂敷を広げすぎず、お客さんに得意分野で仕事をすることが顧客満足にも繋がると考えています。

建設業をもう一度、将来子供のなりたい職種にしたい

–今後、3年後・5年後、会社をどのようにしていきたいですか?

今の建設業界は人手不足や労働環境等、問題が山積みで明るいとは言えませんが、会社としては、自分の子供が後を継ぎたいと思えるような会社に成長させていき、もっと視野を広げるなら小さなお子さんの将来なりたい職業のTOP10に入れるようにしていきたいですね。

–仕事として、今後チャレンジしたいことなどあれば教えてください

今、時代はすごいスピードで進化しているので、その変化に応じた電気設備の仕事をやっていきたいです。その仕事に将来があるのかを見極めながら。

–本日は、お忙しい中、お時間をいただきましてありがとう御座いました。

北都電業TOP
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG