管工事の仕事内容と必要な資格と技術

管工事の仕事って何があるのでしょうか

街中で水を引き込む様子や、家の配管工事をおこなう生活にはなくてはならない工事で、建設業法許可業29種のうちの一つです。

管工事のイメージ

管工事の仕事は12種類

冷暖房設備

家庭用エアコンや一部の業務用エアコンのように、室内機と室外機を付け、配管配線工事をすれば完了するもの

冷凍冷蔵設備

スーパー、コンビニエンスストアなどのショーケースや冷凍・冷蔵庫など、用途やスタイルが一店一店異なる高鮮度管理

空調調和設備

温度・湿度・空気清浄度などの室内環境の調整をするための建築設備

給排水設備

建物内に水を供給する給水と、汚水、雑排水、雨水等を建物外に排出する「排水」を通す設備

給湯設備

キッチンやお風呂、洗面などに加熱した水を供給するための設備

厨房設備

調理を目的として使用する火を使用する設備や設備に附属する全体をいう

衛生設備

人間が生活していくのに不可欠の水を衛生的に利用するための設備

浄化槽

水洗式便所と連結して糞および尿、それとともに雑排水(生活に発生する汚水(生活排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備

水洗便所設備

汚物(悪臭を放ち周辺の環境を汚損するおそれのある汚物。主に糞尿・吐瀉物)を洗浄し、衛生的に処分する水洗式便所の設備

ガス管配管

 都市ガス・プロパンガスなどの燃料用ガスを通す管の設備

ダクト

気体を運ぶ管であり、主に建築物内で空調、換気、排煙の目的の設備

管内更生などの施設・設備の工事

配管の腐食状況及び種類・設備全体の状況を調査・診断し、既存の管路を活かし新しい管と同程度に改良する工事

管工事の仕事内容はどんなものなのでしょうか

配管工はつくるだけが仕事ではなく、メンテナンスや修理もし、さらに重機を使用することもあるため、頭脳的な側面もあります

管工事のイメージ

ある程度の器用さは必要

配管の材料は事前に工場で製造されたものを使うため、現場でつくることはありません。現場では直線の管だけではなく、様々な角度に曲げる作業もあるため、水やガスが漏れないように慎重に対応をする必要があります。狭い場所の作業も多く、器用さも必要です。

ベテランと新人の仕事の役割がはっきりと分かれる職業

配管作業は少しでもずれると大事故に繋がる場合があります。そのため、技術や経験が必要になるためベテランが担当します。掘削や埋め込みなどは全ての作業員で対応するため、新人、ベテランの役割が分かれる職業になります。

仕事の大変さとやりがいはどんなところ

管工事のイメージ

場所や季節、工期の進み具合によって大変

場所

配管工が施工するのは住宅の床下やビルの専用のスペースや建物間の狭いスペースの作業が多く、狭い場所に材料を持ち込む作業は想像以上に大変です

季節

冷暖房の効かない場所での作業が多く、暑い、寒いは当たり前

工期が詰まると大急ぎ

配管工事は工程の中でも序盤〜中盤におこないます。住宅の場合は、床下の配管完了後に床下地工事をおこなう工程となるため大急ぎで対応しなければなりません。さらに、洗面台やトイレなどの取付をおこなう場合、引渡し前に取付けることが多く、しわ寄せがくることがあります。

配管工がいないと生活が成り立たない

見えないからこその技術にやりがい

配管工事は最終的にはみえない部分です。しかし、漏れを防いだ時の嬉しさや、どのように仕事を進めれば納められるだろうかと考えるため、完成した時の充実感は大きい。

配管工は生活にはなくてはならないもの

私たちは当たり前に使う水とその水がスムーズに排水されます。さらには料理をするときには火がつくことにが当たり前です。しかし、配管の工事が雑だったらどんな大変なことになるでしょうか。配管工の仕事は表に出ない部分なので地味に感じることもありますが、生活を支える大事な仕事です。修理対応をした際にはとくに感謝が大きくやりがいも感じることが多いのです。

管工事を請負う法人に必要な資格や建設業許可

管工事業の建設業許可イメージ

管工事業の建設業許可

この建設業許可は、500万円以上の管工事を請負う法人企業に必要なものです。管工事の許可を取得するためには、以下の2つの条件を満たす必要があります。


条件1

経営業務の管理責任者が「管工事業での経営経験」が通算して5年以上ある、または、「他業種の建設工事業での経営経験」が通算6年以上ある方であることが求められます。

条件2

必要な技術を保持する管工事の専任技術者が常勤で在籍していることが必要です。これについては経営者や役員が必ずしもその技術を持っていなければならないということでありません。従業員がその技術を証明できる資格を保持していれば良いものです。その証明となるのは以下。

資格や経験の積み重ね

資格

  • 1級管工事施工管理技士(建設業法)
  • 2級管工事施工管理技士(建設業法)
  • 技術士 機械部門-流体工学・熱工学、上下水道部門、衛生工学部門
  • 技術士 総合技術監理部門-機械(流体工学・熱工学)・上下水道・衛生工学
  • 建築設備士 資格取得後、管工事に関し実務経験1年以上
  • 1級計装士 合格後、管工事に関し実務経験1年以上
  • 給水装置工事主任技術者(水道法・免状交付後、管工事の実務経験1年以上)
  • 技能検定 冷凍空気調和機器施工技能士・配管技能士(建築配管作業)・建築板金技能士(ダクト板金作業)
  • 技能検定(旧検定職種) 配管工技能士・空気調和設備配管技能士・給排水衛生設備配管技能士
  • 登録配管基幹技能者・登録ダクト基幹技能者・登録冷凍空調基幹技能者

学歴+実務経験

  • 大学卒業で管工事の実務経験3年以上
  • 高度専門士又は専門士(専門学校卒業)で管工事の実務経験が3年以上
  • 高校卒業で管工事の実務経験5年以上
  • 専門学校(専修学校専門課程)卒業で管工事の実務経験が5年以上

管工事の実務経験が10年以上

  • 資格・学歴で上記を満たしていなくても、工事について技術上の実務経験が通算で10年以上ある

まとめ

管工事は前述の通り、他の設備工事などとの関わりが多いので、電気工事などの建設業許可を合わせて取得している場合が多くみられます。例えば、エアコン工事などは管工事に見なされる施工内容と管工事に見なされる工事内容が入り混ざっています。仕事を幅を広げるには、関連する他の建設業許可も積極的に取得したいところです。

管工事の仕事内容と必要な資格と技術
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG