大工の一人親方の独立後の働き方や仕事を受注方法

建設業界では、キャリアを積んだ職人で個人事業主として独立した人のことを一人親方などと呼びます。独立のタイミングを計る上で経験や実力も大切ですが、それよりも大切なのは独立後のビジョンや一人親方としてやっていく、やっていけるという気持ちです。

ある意味、その精神を持てたのならそれが独立のための資格と言っても良いかもしれません。大工になるには何らかの資格が必要なわけでもありませんので、実務経験1年だったとしても独立できます。ここでは、そんな大工の独立後の働き方と失敗しないためのマインドについて説明します。

会社勤務のときは、独立後を見越して働く

大工職人

大工になりたいと就職する人の多くは工務店で大工職人として働くケースが多くなります。そうした環境下で技術をしっかり身に付ける、あるいは同じ大工ないしは他工種の職人とつながりを広げるなど、自身が独立できるという気持ちを持てるための経験を積みましょう。

大工は独立して自分のやりたいように仕事をするという挑戦がしやすい職種です。しかし、晴れて一人親方となったにも関わらず、数年で経営が苦しくなり、会社所属の大工に逆戻りするというケースも少なくないのです。闇雲に独立するのではなく、大工としてどういう働き方をする一人親方となるのかも考えておきましょう。たとえば、工務店などの下請けの大工職人として仕事をするのか、施主から直接依頼を受けて仕事をするのかなどです。

どちらの場合もお客様(元請け含む)あっての話なので、前者の場合は同じ業界の中でのつながり、人脈を確保したいところです。後者の場合はより大変で、仕事の依頼を受けられる拠り所となるものが必要でしょう。大工の技術以外にも営業力を身に付けておく必要もあるでしょうし、各種媒体などを利用したアピールの仕方なども学んでおくべきです。

独立し、一人親方になってからの仕事のしかた

大工職人

一人親方は名前通り、ほかに従業員がいるわけではなく一人で大工仕事を受けます。フリーランスのような感覚です。前述の通り、独立のために必要な大工の資格はありませんが、大工としてそれなりにキャリアを重ねていけば、独立するころには必然的に何らかの資格を手にしていることでしょう。

現場の規模的に一人だけでは請け負えないような工事の場合は、これまでの人脈を生かして同じように一人親方として仕事を受けている大工の知人などに応援を依頼しましょう。そこはプロの大工職人同士の仕事なので、その日の労力に見合った賃金(日当)の支払いは発生します。その際、相手は社員ではないので源泉徴収などの作業は特に必要ありません。受け取った請求書を基に、支払いを行なってください。

もし、500万円以上の工事を請け負うことがあるなら、大工工事業の建設業許可が必要になります。取得費用として約20~30万円ほどかかりるので、独立後に収入アップを目指して仕事をしたいという人は、前もって資金を準備しておくことも必要です。

独立後の働き方は、本人の考え方次第です。家族や自分自身の生活費や各種支払いなどを十分に補うことができてしまえば、あとはプライベートの時間を充実させるのか、どんどん働いてさらなる収入を望むのか、個々人によります。冒頭に説明しましたが、どのようなビジョンを持って独立するのかを明確にしておくことで、仕事に困ったときの指針とできるでしょう。

設備投資や資材などの購入資金も自分で用意

大工道具と木材

工具や機械設備などは、日進月歩で進化していて、そうした道具の購入資金も工務店勤めのときとは違って、自身で支払うことになります。木造建築の根幹をなす木材なども同様です。前述の職人の応援を呼んだ際の日当なども含め、こうした一連の資金のやりくりも、自らで管理しなくてはならないのです。

大工の一人親方はサスティナの活用を

工務店やハウスメーカーなどとのつながりがあれば、下請けとして仕事の依頼を受けられる可能性が高まるため、やはり業界内での人脈は大工として独立するにあたって必要です。

しかし、近年はインターネットのマッチングサービスやアプリなどで仕事を受注することもしやすくなってきました。「SUSTINA」(サスティナ)であれば、日本全国の10,000社を超える建設企業が登録(無料でも利用可能)しており、その中で協力業者や職人の募集を行なっています。

大工の一人親方の独立後の働き方や仕事を受注方法
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG