大工の資格「建築大工技能士」の内容と試験対策

建築大工技能士とは?

仕事をする大工職人

建築関係の仕事はさまざまですが、中でも大工は需要の高い職種です。建築大工技能士は、大工の仕事をする場合にその仕事の技能レベルを証明できる資格です。建築大工技能士とは、木造建築の大工工事に必要な技術を認定する国家資格です。建築大工技能士には3種類のグレードがあり、1級・2級・3級があります。

似たような資格として「建築施工管理技士」という資格がありますが、こちらは建築工事に関する現場で工事の進行・指揮・監督をおこなう専門家という位置づけですので、実際に大工仕事をする人の資格ではなく管理者としての技能を証明する資格という点で違いがあります。

建築大工技能士として大工の仕事をする場合の年収は約400万円といわれています。もちろん、個人の能力や経験年数、住宅や神社仏閣といった建築物の種類などによっても年収は大きく変わってきますので、平均年収の数字は目安だと考えた方がよいでしょう。

建築大工技能士に合格していると有利になる職種としては、建設会社や工務店などでの大工の仕事があげられます。大工の仕事にもさまざまな種類がありますが、大多数は家屋大工として住宅建設に携わることが多く、求人についても家屋大工が多くなっています。

ただし、神社や寺の建設や修理を行う宮大工と呼ばれる大工もいます。いっさい釘を使わないケースもある特殊な建築技術が使われますが、そういった方面に興味がある人にも建設大工技能士の取得は役立つでしょう。

「建築大工技能士」の資格を手にするには?

仕事をする大工職人

受験資格

建築大工技能士になるためには、建築大工技能士試験を受験し、合格しなければなりません。資格は1級から3級に分かれていて、それぞれ受験資格が違いますので注意が必要です。

1級建築大工技能士の受験資格は①7年以上の実務経験があるか、②2級合格後2年以上の実務経験または③3級合格後4年以上の実務経験が求められます。ただし、学歴によって実務年数が異なりますので受験資格があるかどうかは事前によく確認する必要があります。

2級建築大工技能士については①実務経験2年以上または②3級合格者に受験資格がありますが、こちらも学歴によっては実務経験が不要となるケースもあります。

3級建築大工技能士の受験資格は原則として実務経験6か月とされていますが、実務経験や学歴が問われないケースもあります。

試験の時期

試験は厚生労働省が管轄していますが、実施その他の運営は中央職業能力開発協会というところが厚生労働省から委託を受けて実施しています。試験は年2回行われ、申し込み方法は4月の上旬から中旬もしくは10月上旬から中旬に中央職業能力開発協会に申し込むことによって行います。

試験概要

実施場所は全国の試験会場のうち協会の指定する会場で受験することになります。試験科目については、3級の学科試験が建築構造、施工法、材料そして製造や安全衛生などで、実技試験は切り妻小屋組の大工工事作業となっています。

また、1級と2級にも学科試験と実技試験があり、実技試験については、2級は柱差し小屋組、1級は隅木小屋組の製作などのより高度な大工工事作業が求められ、学科試験は3級の試験範囲に加えて関連法規の内容が加わります。合格率は16%から30%前後となっており、級が上がると合格率は下がる傾向にあります。

建築大工技能士の試験対策

大工職人の手元

建築大工技能士の試験に合格するためには、試験傾向をしっかり分析して試験に臨む必要があります。しかし、試験傾向を自分の力で把握するのは大変な作業です。そのため、学生として勉強できる環境がある場合は工科専門学校の大工技能学科で勉強する方法がおすすめです。

また、すでに仕事をしている人の場合は、試験傾向に関するノウハウを持っている建築関連の資格学校や専門学校を活用して勉強するのが得策でしょう。学校によっては通信カリキュラムがある場合がありますので、学校に通うことが難しい人はそういったものを利用するのも1つの方法といえます。もちろん、実務経験が豊富であればテキストと過去問題を使って独学で試験を受けることも可能です。

建築大工技能士はいずれの級においても実技試験があります。実技試験の内容は実際に大工工事を行うものですので、知識の勉強だけで合格することはほぼ不可能と言っていいでしょう。学校に通って実技対策をするか、大工として働きながら実務経験を積むことが重要になります。屋根の小屋組みなどは与えられた材料を複雑に組み上げる作業が求められます。

しっかり計算して材料の加工方法を決める計算力と加工する技術の両方が求められることを知っておく必要があるでしょう。学科試験については、過去の試験問題を繰り返し解いておくことが最低条件といえます。問題集などを使って演習中心に勉強を進めることをおすすめします。問題集をやってできなかった部分をテキストに戻って勉強するというやり方が効率的でしょう。

まとめ

大工の仕事がしたい人は、大工の技術レベルを証明できる建築大工技能士の資格を取得することをおすすめします。学科試験だけでなく大工工事を行う実技試験もありますので、実務経験をしっかり積んで試験に臨むとよいでしょう。

大工の資格「建築大工技能士」の内容と試験対策
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG