電気工事施工管理技士の資格とは? 試験対策、受験資格、申し込み方法まで

どのような建物であれ、人間が長時間活動するとなると電気設備は不可欠です。しかも、建物が大規模になるほど電気設備の構造は複雑化し、電気工事の専門技術者の重要性が高まってきます。そうした工事において技術者を管理・指導するのが電気工事施工管理技士の仕事です。そこで、電気工事施工管理技士の資格を取得する方法や取得による具体的なメリット、試験対策などについて解説をしていきます。

電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士は国家資格である施工管理技士のひとつで、1級と2級に分かれています。2級電気工事施工管理技士を取得すると一般建築業の営業所ごとに置かれている専任技術者や比較的小規模な現場を指導・監督する主任技術者になることができます。

一方、1級電気工事施工管理技士を取得すれば特定建設業の営業所ごとに置かれている専任技術者やより大きな規模の現場を指導・監督することができる監理技術者になれます。これらの監理技術者は必ず現場に配置する必要があり、会社にとってはなくてはならない存在です。同時に、資格取得者が増えることによって会社の信頼が高まり、公共工事の仕事も取りやすくなります。

電気工事施工管理技士のキャリア

電気工事施工管理技士の資格取得によって給与や待遇の大幅アップも期待できます。もちろん、転職をする場合にもこの資格の存在は大きな武器になるでしょう。特に、大手建設会社が新たに営業所を開く場合などはチャンスです。

年収に関しては、1級電気工事施工管理技士の平均給与が400万円から500万円ほどと言われていますが、これは勤めている企業やキャリアなどによって大きな幅があると考えられます。大手で電気工事施工管理技士の価値を十分理解しているところであれば、年収800万円以上になる場合もあるでしょう。

「電気工事士」との違い

また、電気工事施工管理技士とよく比較される資格として電気工事士がありますが、電気工事士の資格は電気工事における個人レベルの技術力を問うものです。したがって、電気工事の現場で、全体の指導・監督を行うための資格である電気工事施工管理技士とはその内容が異なります。

電気工事施工管理技士試験の受験資格

電気工事イメージ

電気工事施工管理技士の資格を取得するには「一般財団法人 建設業振興基金」が主催する電気工事施工管理技術検定試験に合格する必要があります。ただ、その試験は誰でも受けられるというわけではありません。受験資格を満たす必要があり、その主な条件は以下の通りです。

2級電気工事施工管理技士受験資格

  • 大学の指定学科を卒業後、実務経験が1年以上ある者(指定学科以外の大学卒業者は実務経験が1年6ヶ月以上)
  • 短大、高等専門学校の指定学科卒業後、実務経験が2年以上ある者(指定学科以外の短大、高等専門学校卒業者は実務経験が3年以上)
  • 高校の指定学科卒業後、実務経験が3年以上ある者(指定学科以外の高校卒業者は実務経験が4年6ヶ月以上)
  • 上記以外で実務経験が8年以上ある者

1級電気工事施工管理技士受験資格

  • 大学の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験がある者(指定学科以外の大学卒業者は実務経験が4年6ヶ月以上)
  • 短大、高等専門学校の指定学科卒業後、実務経験が5年以上ある者(指定学科以外の短大、高等専門学校卒業者は実務経験が7年6ヶ月以上)
  • 高校の指定学科卒業後、実務経験が10年以上ある者(指定学科以外の高校卒業者は実務経験が11年6ヶ月以上)
  • 上記以外で実務経験が15年以上ある者
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格後、5年以上経過し、かつ実務経験が5年以上ある者
  • 2級電気工事施工管理技術検定合格後、5年未満だが、指定学科の短大、高等専門学校卒業後9年以上実務経験がある者

    ※1級の受験資格における実務経験とは、1年以上の指導や監督の経験を含むものとします。

上記以外にも受験資格には細かい規定があるので詳細は「一般財団法人 建設業振興基金」のホームページで確認をしてください。

電気工事施工管理技士試験の申し込み方法

試験の申込方法ですが、まず受験申込書を建設業振興基金の窓口、インターネット販売、郵送販売のいずれかで購入してください。受験申込書には「学科試験のみ」、「実地試験のみ」、「学科・実地試験」の3種類があるので間違わないようにしましょう。

それから、新規受験申込者は書面で、再受験申込者は書面もしくはインターネットで申し込みを行います。受験地は1級電気工事施工管理技士が札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄の10ヶ所です。2級電気工事施工管理技士はそれに青森、金沢、鹿児島が加わります。

電気工事施工管理技士試験の科目と合格率

試験は択一式の学科試験と記述式の実地試験があります。試験科目は1級・2級電気工事施工管理技士ともに学科が「電気工学」、「施工管理法」、「法規」の3科目、実地試験が「施工管理法」になっています。合格率は1級電気工事施工管理技士の学科試験が40%前後で、実地試験が60%前後です。

一方、2級電気工事施工管理技士は学科試験が60%前後で実地試験が40%前後と、1級と2級では学科と実地の難易度が逆になっているのが特徴です。なお、学科と実地を合わせたトータルの合格率は25%前後になります。

電気工事施工管理技士の試験対策は?

電気工事イメージ

学科試験

電気工事施工管理技士の試験対策でまずやるべきことは過去問題です。それも、過去5年程度の問題を何度も繰り返して解いておきましょう。ただし、丸暗記するだけでは意味がありません。なぜその答えになるかを論理立てて考えることが重要な意味をもちます。なぜなら、施工管理技術検定試験では過去問題と類似した問題がかなり出題されるからです。

したがって、過去の問題の答えを本当の意味で理解しておけば、本番の問題に対してもかなり対応ができるようになっているはずです。過去問題を繰り返して行うのには、出題傾向をつかむという目的も含まれています。学科試験の出題範囲はかなり広く、それを隅から隅まで学習するのは困難です。それに、合格基準点が100点満点中の60点程度の試験ですから完璧を目指す必要はありません。

それよりも点数の稼ぎやすいところから確実に稼いでいくことが大切です。そして、出題傾向をつかんだ後は、自分が苦手なところを中心にしっかりと学習を積んでいきましょう。参考書は1度に何冊も買わず、これぞという1冊を選んでそれを最低3回は繰り返して勉強してください。

実地試験

自分の経験した電気工事について記述する経験記述が大きな鍵を握ります。まずは試験で記述する工事を選び、「工事名」、「工事場所」、「工期」、「この工事における自分の立場」などといった具合に工事の概要についてまとめしょう。その上で、過去5年の問題を実際に行ってみるのです。自分の経験した工事をさまざまな角度から記述することで経験記述に対する理解も深まってきますし、出題傾向も見えてきます。

ただ、ひとりで勉強するのは心もとないというのであれば、通信講座を利用してみるという手もあります。郵送で添削をしてもらえますし、わからないことがあればメールで質問も可能なため、より効率的な学習が期待できます。

まとめ

現代の電気設備はインターネットやオフィスのOA化などによって複雑の一途をたどっています。電気工事にも今後ますます高い技術力や施工管理能力が求められるようになるでしょう。そうなると、電気関連の資格は以前にも増して需要が高くなると考えられます。そして、それらの資格の中でも中心的存在と言えるのが、電気工事施工管理技士です。

電気工事施工管理技士の資格とは? 試験対策、受験資格、申し込み方法まで
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG