舗装工事の流れと仕事内容を徹底解説

道路の舗装工事といえば

舗装工事といえば、道路をガタガタと大きな音で工事する音とアスファルトを工事員が転圧(締固め)機械を推し転がすシーンを思い固める方が多いと思います。

舗装工事とは言うまでもなく道路作り上げる工事ですが、その内訳はアスファルトを流し込み固めたという単純な工事ではなく、舗装工事には様々な工程や技術が必要とする工事となります。

この舗装工事について、一体どのような工事なのか、施工までの手順や工事を行うものなのかなど舗装工事について詳細を紐解いていきます。

舗装工事とは

舗装工事とは道路の耐用力増やすために行う土木工事となり、地面を砂利などで押し固めた上にアスファルトを敷き詰め固める工事のことを指します。

5つの層で構成される舗装工事

地面を砂利などで押し固めた上にアスファルトを敷き詰めている舗装工事ですが、大きく5つの層に分解されていることが多いです。各層は、プライムコート(接着剤)などのアスファルト乳剤(にゅうざい)を塗布し接着し構成しています。

5つの層で構成されるアスファルト

1.路体(ろたい)

最下層の土で固められた層。工事はブルドーザーで馴らした上タイヤローラーで均一に平坦に仕上げます。

2.路床(ろしょう)

砂などで構成された層。路体同様ブルドーザーで接地面を馴らした上タイヤローラー押し固めます。

3.路盤(ろばん)

一般的に上層と下層に分かれて構成された砕石で構成された層。

下層と上層の違いは粒度の違いとなり、下層ではクラッシャーランという砕石機を用いて砕いた大きさが疎らな石で構成された層であり、上層では一律に揃えられた粒度調整砕石を用い地面の凹凸がない状態まで転圧し押し固めます。この路盤までが道路の土台部分となり、表層にかかる荷重を均一に路盤以下に伝達させるため重要な役割を持ちます。

4.基層(きそう)

アスファルト混合物で構成された層。この層がある目的は路盤での不陸(凸凹な状態)をより整地な状態にすることです。

そのため、基層自体の厚さは非常に短いです。

5.表層(ひょうそう)

基層同様アスファルト混合物で構成された層となり、一般的に目にする黒いアスファルトはこの層となります。

この層では、基層とは異なり摩耗に強く、水にも強い、滑りにくい、変形しないなどが求められ、アスファルト混合物も密度が高いものを使用しされています。

舗装工事による効果

幹線道路をはじめ多くの道路が既に舗装工事が施されている状況ですが、一体何のために舗装工事を行なっているのかそのメリットをまとめました。

・雨による地面軟弱化が発生しない

・車両などの通行することで砂塵が巻き上げらない

・路面を平坦な施工を行えるため、安全性が高い

・路面変形が生じづらい

・耐久年数があぜ道と比較し高い

舗装工事の流れ

舗装工事が完了するまでの流れとなります。

1.現場の測量

どの現場も同じですが、工事を始める前にまず現調を行うことが一般的です。

道路舗装工事も同様、発注者から依頼を受けたあと実際に現場で確認を行い、設計図面通りなのか、足りていない情報があった場合には測量などを行います。

2.路床工事

工事着工後まずは土台作りとなる「路体」「路床」から開始をしていきます。本工事ではブルドーザーもしくはモーターグレーダーで路面を慣らし、ローラーで転圧する工事が一般的です。土台の段階でしっかりとした転圧が行えていない状態が発生した場合、完成段階で破損が生じる危険性が起こる可能性が高まります。

3.路盤工事

次に路盤工事を行います。本工事は砕いた石を均一に配置しローラー重機などで締め固めていきます。路盤工事は、車両による道路の荷重を分散させ路床に掛かる負荷を最小にするりクッション材の役割があります。

4.基層工事

路盤(土台)が完成後、基層工事をしていきます。基層ではアスファルトフィニッシャー重機を使い加熱されたアスファルト混合物を路盤の上に敷いていきます。その後ローラー重機を使って均一に締固めていきます。

5.表層工事

舗装工事の最終工程として表層工事があります。表層工事は基本的に工事工程は基層工事と変わりはありませんが、基層工事に使用するアスファルト混合物がより密度の高いアスファルトにて施工されます。

舗装工事の風景

既に開通した後の舗装工事の場合、交通を一時遮断し行わなければならないため、可能な限り影響が生じないよう夜間に舗装工事を行うケースが非常に多いです。

https://www.youtube.com/embed/qhO6YMI00QU

サスティナで舗装工事を行える工事業者一覧

建設業者マッチングを行うサスティナでも、舗装工事を行える会社は多数ご登録があります。舗装工事業者を探す方はぜひご利用くださいませ。

>全国の舗装業者を確認する

舗装工事の流れと仕事内容を徹底解説
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG