エアコン工事では足場が高額?知っておきたい基礎知識と冬場の取り付け事情

エアコンの「標準取り付け工事」って?費用相場は?

エアコン工事について、「標準取り付け工事」という単語を聞いたことはありませんか?中には標準取り付け工事費込みで販売されているエアコンもあります。

標準取り付け工事とは、エアコンを取り付けるための基本的な工事のこと。

下記条件は一例ですが、基本的には電気工事士の方が特別な処置をしなくても設置できるエアコン取付工事のことです。

  • 配管パイプの延長がいらない(業者によって違うが、おおよそ4m以上だと1mごとに追加料金が発生)
  • コンクリートやタイル以外の箇所から壁が貫通できる(1か所)
  • エアコン本体と室外機が同じフロアに置ける

もちろん取り付け工事の文字通り、古いエアコンから新しいエアコンに買い替える場合の、取り外し費用は別途発生します。

標準取り付け工事の費用相場としては、電気工事業者の出張費用にもよりますが、安くて1万円強、高くて3万円ほどです。なるべく近くの電気工事業者を選んだ方が、出張費用がかさまない上、アフターフォローも頼みやすいのでおすすめです。

エアコン工事ではこういうときに追加費用が発生する、足場は高額!

では、どういった場合のエアコン取付工事で追加費用が発生するのでしょうか。

よくある追加費用がかかる工事は、

  • エアコン専用コンセントを増設する
  • 壁への穴あけ(コンクリートやタイルといった開けづらい材質)
  • 室外機の特殊設置工事(場合によっては足場代含む)
  • パイプを延長しないといけなくなった(1mあたりいくら加算、と決まっている業者がほとんど)

といった場合です。

他にも細かい部品で数千円追加で請求されることがあります。エアコン設置費用は多めに見積もっておきましょう。

特に、屋上に室外機を置かなくてはいけない、などの理由で足場を組むことになった際は、それだけで場合によっては10~20万円は追加でかかってしまいます。高所の作業には危険が伴うため、それだけ費用がかさむのです。

買う前に確認したい、エアコンの専用回路&専用コンセント

また、買う前に確認しておきたいことが、エアコンの専用回路と専用コンセントです。一般的には、エアコン設置個所の近くにあるコンセントが、エアコンの専用回路であることが多いです。

エアコンの専用回路は必要なの?

結論から言うと、6~12畳用の通常の家庭用エアコンであれば、エアコン専用回路にエアコンを設置する義務はないです。

なぜ多くのマンションなどで専用回路が設置されているかというと、エアコンの消費電力によって電子回路が容量不足になり、ブレーカーが落ちたり、火災が発生する可能性が出てくるため。

不安であれば、業者に頼んでエアコン専用回路に設置してもらうか、なければ増設してもらうことをおすすめします。

エアコンの専用コンセントの形は先に確認しよう

通常のサイズ・型のエアコンであれば問題ないですが、あらゆるコンセントにどんなエアコンでも設置できるというわけではありません。

エアコンには、単相100V、単相200Vに加え、コンセントとプラグの形状も4パターンあります。

基本的なサイズのエアコンであれば通常のコンセントで問題ないですが、14畳以上のエアコンであれば単相200Vであることは一般的なため、設置したい箇所のコンセントの形状は確認し、増設したいのであれば電気工事業者に相談しましょう。

また、単相100Vのコンセントを200Vに改設する場合は、別途追加料金がかかります。

「冬場にエアコン工事が少ない」は、絶対ではない!?(電気工事業者向け)

建設マッチングサービスSUSTINAについて

SUSTINA(サスティナ)をまだ、あまり理解していないという人のために、簡単にそのサービスについて説明します。簡潔に表すと「あらゆる専門工種・職種を求めている人が、必要な職人さんや企業を探すことができるマッチングサービス」です。

2019年8月13日現在、1万社以上の建設企業や一人親方等が会員登録してくださっており、会員間で例えばA社が「エアコン工事できる人急募」などという案件掲載に、電気工事のB社、C社・・・が「詳しく聞かせてください」と応募・問合せをする形でマッチングが行われています。

少し前置きが長くなりましたが、つまりあらゆる工種・職種にまつわる工事案件が飛び交っているというのが、サスティナの現状です。

そんな中で、今回取り上げているエアコン工事に関する案件は、冬の間に限り、前述のエアコン工事の通説と異なり『明らかに少なくない割合』で、マッチングサービスが利用されていたのです。

電気工事士は冬も諦めないで案件を探してみる

エアコン工事の仕事を請けたいと考えている電気工事会社ないしは電気工事士の方は、「夏じゃないから」と諦めてしまわず、案件を探してみると、営業圏内で協力会社募集の案件が登録されているかもしれません。来シーズンの冬は、そうした受注の可能性も念頭に入れておいてください。

エアコン工事のイメージ

11月のピークの仕事が終わる頃に、翌月以降の電気工事の仕事を探す

同期間をより掘り下げてみると、やはりというべきか、冬本番前の11月に集中したようです。同期間で調べたエアコン工事案件の内のほぼ半数が11月に集中していました。

しかしながら、11月が終わるとエアコン工事の電気工事会社または電気工事士募集案件が激減するわけでもないようです。12月と1月の案件数を合計すると11月とあまり変わらない程度の案件数が登録されていました。

2018年の冬は暖冬となった地域も多かったためか、2月には明らかにエアコン工事を請けてくれる電気工事会社募集は減った形となったようです。また、冬場のエアコン工事のピークである11月と前月の10月を比べると、歴然たる案件数の差がありました。

冬場のエアコン取り付けや修理などに関する工事について、改めてまとめると以下のようになります。

「ピークは11月に迎えるが、12月や翌年1月にも電気工事士は一定数の工事を請けられる可能性を見込める」

本記事において言及した内容は、あくまでサスティナのマッチングサービス利用動向を基にしておりますので、建設業界、世間一般が必ずしも「冬場にエアコン工事案件がある」という訳ではありません。

しかしながら、サスティナに限って言えば、「冬場もエアコン工事は動いている」のは紛れもない事実です。

電気/空調・エアコンに関する案件情報一覧

エアコン工事では足場が高額?知っておきたい基礎知識と冬場の取り付け事情
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG