電気工事の請負募集、成功への3つのポイント!

サスティナを利用した電気工事の請負業者募集において非常に重要となる、掲載案件の「タイトル」の付け方について解説していきます。併せて、「一斉公開」と「公開時間」を気をつけることにより、より届きやすい内容に繋げていきましょう。

電気工事の請負募集には「タイトル」「一斉公開」「公開時間」の3つが重要

電気工事の請負業者募集において非常に重要となる、掲載案件の「タイトル」の付け方を主に扱っていきます。それと併せて、「一斉公開」と「公開時間」を気をつけることにより、より届きやすい内容に繋げていきましょう。

請負募集の「タイトル」には、請負側がわかるように「電気工事が関わる場所」を記載

「タイトル」がどの部分を指しているのかを、上の画像でご確認の上で読み進めてください。建設業は多くの企業にとって地場産業でもあります。電気工事もその中の一つであり、多くの協力業者が電気工事を請負ってくれる職人を探しています。そんな背景もあってか、電気工事を請負う業者を募集するときなど、県内(都内・道内・府内)または近隣都道府県などを対象に求人広告を出してきた企業が多かったのではないでしょうか。


全国に会員がいるサスティナに向けての仕事募集内容の精度をあげる

募集詳細を読めば場所の特定はできますが、結果としてタイトルに「場所」を記載している案件が問合せを多く受けているという事実があります。

電気工事をどこの地域で募集するのかを明確に記載する理由

・「どこで工事の協力をしてほしいか」

・「どこに所在地がある会社を募集しているか」

例えば「1都3県で電気工事を請負ってくれる……」「大阪市内で電気工事を……」「【全国で募集】電気工事が……」など募集を受ける側が商圏として請負うことが可能なのか第一の判断ポイントとして工事を行うエリアを明確に記載をしておくことは非常に重要です。

「読んでくれるであろう」という前提は捨てる

請負業者募集をあげる側としては、工事の募集を出しているんだから、誰かが読んでくれるに違いないと信じている方も多いのではないでしょうか。しかし、「読んでくれる前提」でいるよりも、「どうせ読まない人がほとんどだから、工事を請負ってくれる人にどうやって読ませよう」という考え方でいる方が良いでしょう。読んでくれるであろうという気持ちであげたタイトルでは、思いが伝わらず、内容さえも読んでもらえない場合もありますので気をつけましょう。

協力業者募集のタイトルは端的にしすぎない

サスティナ上で請負業者を探す際には、面識のない電気工事業者や職人さんが見る可能性の方が圧倒的に高いはずです。だからこそ、「請負企業になっていただく」というような相手を敬う気持ちが最低限文面から伝わるように配慮する必要があります。タイトルが端的になりすぎることによって横柄な発注者と勘違いされる場合もありますので、気をつけましょう。

請負先の電気工事業者・職人への敬意を

もちろん、「必ずこれが正解」というものは存在しません。どんな内容であっても請負ってくれる電気工事業者または職人さんの目に止まれば協力業者募集としての目的の第一段階はクリアします。そもそもクリアしている方はこの記事の内容をすでに実施している方なのでしょう。

タイトル付けにはキャッチコピーとしての要素も含む

よく見られるタイトル・・・「〇〇市で電気工事」

内容はすごくシンプルなので、読み手にもすんなりと伝わります。しかし、協力依頼をする元請け側からの「電気工事をお願いしたい」という気持ちが欠けているように感じる人もいるのではないでしょうか。まずはタイトルで相手の興味を引き、協力業者募集の内容を読んでもらうように誘導が必要かもしれません。


工事の内容はできる限り明確に

当然ながら、工事内容が明確に記載されていない場合請負側業者はどんな現場か分からず申し込みをすることに躊躇してしまいます。その為、工事の内容は可能な限り明白なものを記載しましょう。例えば「○○できる方歓迎」など特定に響くフレーズを記載しておくことも効果的です。


失敗しないタイトルの付け方!電気工事版

「【神奈川】住宅リノベーションにおける設備工事に協力していただける職人さん募集」

このタイトルがでてきた場合には、「電気工事を受ける」「電気工事を受けない」の判断がつけやすいです。それでは、どこでその判断がつけやすいのかを掘り下げて解説いたします。

①場所の特定

タイトルの冒頭で【神奈川】と表記し「場所」を特定しています。この部分だけでも「どこ」で仕事があるのかわかる上に、仕事を受けられる場所なのかの判断が可能になります。

②案件内容の把握

「住宅リノベーションにおける設備工事」の部分で、請負側にどのような案件の、どういった工事なのかを伝えていることで、その仕事が自分にできる内容なのかの判断が可能になります。

③丁寧な言葉使い

「〜していただける」のように丁寧な言葉使いや、「職人さん」などの敬称で敬いの姿勢も感じることができ、印象がとてもいいですね。


一斉募集をする上で気をつけるべきこと

大量に投稿することがサービス上で違反であることはありません。積極的に協力会社を見付けに行くことは良い姿勢ですが、もう少し計画的に投稿をする必要があります。

一斉募集とは?

「○○で電気工事の仕事をお願いできる職人さん募集」というように、タイトルの○○の部分の地名を変えて、一斉に投稿している案件のことをいいます。ほぼ同じ内容がズラッと並んでいると「あ〜同じ内容だろうな」という認識を持たれてしまいますのでその方法はおすすめいたしません。

一斉募集の投稿時間をずらしてみる

同じような内容がずらっと並ぶのを防ぐのが一番の方法です。そのためには、日数または時間の感覚を空けながら投稿するという対策をおこなってみましょう。それにより、似たような投稿内容と認識されることは避けられるはずです。

サスティナサイトへのアクセスが多い時間帯を狙って求人情報を公開

サスティナの工事情報(協力業者募集案件)は、最新の投稿内容がサイトの上位に表示されます。そのため、時間帯を気にせず公開してしまうと、後からの投稿される募集内容に徐々に埋もれてしまいます。

滞在者がもっとも多い時間帯とは

平日は:0時~12時の2時間、14時から17時の3時間になります。

電気工事会社と上手くマッチングに繋がらなかったという会社の担当者さんは、この時間帯を狙って、電気工事の協力業者募集を公開してみてもいいかもしれません。

まとめ

協力業者募集の呼びかけは、親しい友人や知人にメッセージを送るのとは訳が違います。必ずしも上記の内容が正解ではありませんが、最低限の部分を気をつけることにより、電気工事業者や、一人親方の目に止まることは間違いありませんし、タイトルだけで、不快に感じさせてしまうことも防ぐことはできるはずです。タイトルに目が止まって募集内容を読まれたときに、ご自身の企業が相手に悪い印象を与えずに、スムーズに協力業者募集に繋がることをサスティナは願っています。

電気工事の請負募集、成功への3つのポイント!
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG