屋根工事の求人に9割リアクションあり!! 協力業者募集案件はますます増加の兆し!?

西側から求人募集は増加傾向ーー SUSTINA(以下、サスティナ)のマッチングサービスを利用した2019年3月までの屋根工事のレポートをお伝えします。

屋根工事の仕事は安定的に協力募集の求人アリ!

風雨や時には雪、太陽光にさらされ経年劣化は止む無しなのが屋根の宿命でもありますが、10年平均とも言われる耐久性もいつかはその時を迎える訳で、屋根工事の需要は新築はもちろん補修、メンテナンスなどにおいても無くなることはありません。

サスティナにおいてもその一端が垣間見えていて、屋根工事の協力業社募集の求人は多い職種の部類の1つです。冒頭の10年をいつ迎えるのかは、建物各々で違うので、サスティナのマッチング上、屋根工事の協力募集が突出してどの時期に多いという傾向は見られませんが、翻れば、安定的に会員間でマッチングが行われているということの裏返しとも言えます。

強いて挙げれば、やや件数に伸びがあるのは梅雨や積雪の絡まない時期そうした傾向があるようです。

今回のデータは19年3月までの屋根工事のマッチングを基にしてますので、冬ど真ん中ということもあり、積雪の影響を受けやすい東北や北海道などのマッチング利用は概ね少ない結果となりました。

屋根工事の求人への問合せ率とは?

屋根工事のここ3ヶ月間におけるサスティナのマッチング利用状況は、前述の通り関東から西のエリアがメインとなりました。

協力業社募集の求人をサスティナで掲載する企業とは、例えばリフォームを受注して屋根工事も必要になったものの、自社では施工できないといった場合や、大規模な屋根工事を受注して職人が足りない場合などに協力募集の求人をサスティナに掲載します。

その案件を見た自社請け可能という業者は、その求人に対してサスティナを通じて問合せ(応募希望)をし、そのやり取りでマッチングの成否が決まるものです。それでは、以下より本題に入ります。

関東より西の需要が高かった屋根工事
求人は春以降、全国的に!?

この3ヶ月の屋根工事の求人募集数に対する問合せ数を基に、問合せ率を出してみたところ94パーセントにもなっていました。つまり、単純計算だと10社が屋根工事の協力募集の求人をサスティナで掲載したとき、9人〜10人の問合せが届いていたということになります。

これはあくまで問合せ率の話なので、屋根工事の求人を出しても必ず問合せを保証するものではありませんが、屋根工事を請けられるというアクティブな業者が多く会員登録していることの証明にはなっています。

地域別に見れば、サスティナが関東を中心に始まったサービスであることも関係して、職種を問わず、基本的には東京周辺の求人が多くなる傾向が強いのですが、屋根工事に関しては関東よりも温暖な西日本の府県での求人の割合が高いのも特徴です。

そして、もう少し気候が温暖になってくれば、関東より北のエリアにおいても屋根工事の求人が出てくることはおおよそ間違いありません。サスティナの屋根工事の求人ならびにマッチングはこれからより活発に稼働していきます。

屋根工事の求人案件一覧

北海道・東北地方の屋根工事業者

関東地方の屋根工事業者

東海地方の屋根工事業社

北陸地方の屋根工事業者

関西地方の屋根工事業者

中国地方の屋根工事業者

四国地方の屋根工事業者

九州・沖縄地方の屋根工事業者

最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG