リフォーム工事をする前は、見積をとって費用相場を確認!協力業者の集め方も。

リフォームの見積は無料でできる?費用相場を知りたいなら相見積もりがおすすめ

一般的にリフォームは、信頼できる業者と希望とできることをすり合わせながら進めるものです。リフォームを施す建物の壁を壊さないとわからないことも多々あるので、当初の計画や工法からずれることもあるでしょう。

そのため、工事を頼む前にきちんとコミュニケーションが取れる工事業者かどうか見極めておきたいです。

正式に依頼するより前に見積りを取ることによって、そのリフォーム業者と信頼関係が築けるか、きちんと疑問を解消してくれる腕がありそうな業者かを見極められます。

現地調査を必要としない、概算の見積もりは無料でだしてくれる業者が多いですが、工数を要する、現地調査をしっかり行う見積もりを作成する場合には、有料の業者もいます。事前にどういう条件で見積費用が発生するかを確認しておきましょう。

施工実績や、やり取りの丁寧さ・事務所から家までの近さなどを勘案し、いくつかの業者に絞り込めたら、現地調査込みで相見積もりを取りましょう。その際、相見積もりを取っていると伝えることは忘れずに。

あまり無理な値切りや交渉は、逆に信頼関係を壊すこととなるので勧めませんが、他社との比較をしていると伝えることで安くできるところは安くしてくれる可能性があります。

リフォーム工事は「見積希望」で協力業者を募集すると平均5社から集まった!

リフォーム工事をする工事業者の方にとって、協力業者を探すのは簡単ではないですよね。

建設マッチングサービスのサスティナで、協力業者からの問い合わせがくる可能性を上げるためのアドバイスを紹介します。

発注側は金額の条件を「見積希望」「1人工予算」「請負予算」から選択して掲載

サスティナは協力業者を求める建設業者(発注側)と仕事を受けたい建設業者(受注側)が、サイトを通じて仕事の受発注を行うマッチングサイトです。4月8日現在で8600社ほどの会員が在籍し、日々協力業者募集の情報が更新されています。

発注側は協力募集の情報をサスティナに掲載するとき、受注側に金銭面の条件などを提示する必要があるのですが、その掲載方式によって、受注側からの問合せや応募希望を寄せられる数に違いがあるということがわかってきました。

金銭的な条件は受注側にとっては仕事を受ける上での重要項目です。そこに記載できる内容は大きく分けて3種類あります。1つは個人単位への支払い額となる「1人工」、2つ目は仕事全体に対する支払い額となる「請負予算」、3つ目は発注側が受注側に対応可能な場合の見積もりを求める「見積希望」です。

ここではリフォーム業者募集において、上記の3つの選択、明示の違いによる詳細をレポートしていきます。

リフォーム業者募集は「見積希望」を基準にマッチングしている

リフォーム業者の求人・募集案件情報全体を100パーセントとしたとき、見積希望、1人工予算、請負予算それぞれの内訳は円グラフに示した通り、見積希望=66パーセント、1人工予算=20パーセント、請負予算=14パーセントでした。

近年、工事案件のうちリフォームが増えてきている状況もあり、リフォームの案件数はサスティナの中でも多くなっています。その上、既出の内装工事や給排水工事と比較すると、リフォーム募集の内容も早急性の高いものが多いのも特徴です。

他職種の場合、見積希望の案件は発注側が業務拡大や新規取引先を求めて、恒常的に募集している求人も見受けられますが、リフォームの場合は概ね現在進行形や近日中に工期がスタートするような案件が目立ちます。それは1人工予算や請負予算も同様です。

リフォーム業者募集は「見積希望」に集中しているからこそ、受注側は他にも目を向けるべし

リフォーム業者募集への問合せ数に対する案件数から問合せ率を求めると、見積希望と1人工予算、請負予算の問合せ率はそれぞれ100パーセント越えと、世の中のリフォームに対する需要を表すような結果となりました。リフォームの「見積希望」への問合せ率=479パーセント
リフォームの「1人工」への問合せ率=111パーセント
リフォームの「請負予算」への問合せ率=138パーセント

中でも、リフォーム業者への見積希望は479パーセントの問合せ率で、1募集について5業者近くがアプローチしているという内容。他職種だと100パーセント割れしていた1人工予算でも111パーセント、請負予算も138パーセントと高水準を示しました。

この数値を見る限り、リフォーム業者募集で受注希望側は、見積希望の案件掲載企業にアプローチするよりも、請負予算や1人工予算による求人募集案件に問合せする方が、マッチングが成立する可能性は高いかもしれません。

反対に発注側は、例えば急を要する案件などの場合でも見積希望はもちろん、予算を掲示しても請負先を見つけることができそうです。

リフォームの「見積希望」の求人・募集

リフォームの「1人工予算」の求人・募集

リフォームの「請負予算」の求人・募集

最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG