大工の協力業者を募集するときの募集要項の書き方で気をつけること

大工さんはあなたの協力業者募集の要項を読んでくれない

大工はとにかく忙しい人が多いです。あなたが募集をかけてつながろうとしている職人は、そんな中でもっと良い条件の仕事だったり、良い働き方ができないかという考えの基、協力業者を募集する文面を見てくれていると思ってください。そうです。「見ている」のではなく「見てくれている」です。

すると、基本的には「そういう仕事がないなら今のままでいいや」というスタンス、明日の仕事探しに執着心が強いわけではないことも想像に難しくないと思います。それならば当然、読もうという意欲もそう高くはないのです。あなたがこれから書こうと考えている大工の協力業者の募集要項のターゲットはそんな人であることをまず理解しておきましょう。

大工さんにあなたの協力業者募集を「見てもらう」には

1.大工さんが「請ける・請けない」の判断に必要な内容を文章前半に盛り込む

何よりも、読みやすい内容にすることです。前述の通り、大工はあまり熱心に仕事を探しているわけではありません。なぜなら、すでに仕事はあるからです。そんな人たちに何らかのメッセージを伝えたいのであれば、タイトルや詳細内容の前半などで、明確に意思を伝えている募集要項である必要があります。なぜなら優先順位があまり高くない内容が先にきていたりすると、そこで読むのを辞めて(「戻る」ボタンを押す)しまう可能性があるからです。

どの都道府県で行う工事か。「木造大工」「造作大工」など、大工は大工でもどんな大工工事なのか。施工対象はマンションなのか、店舗なのかオフィスなのか、戸建なのか。そうした情報を要項の前段で説明しておくことは必要最低限となります。大工が仕事を請けたいと思えるだけの必要情報以外のことは、その判断の上で余計な情報となりますので後ろに回すようにしてください。

2.ぶっきらぼうな物言いにならず、丁寧な文章を心がける

これは大工の協力業者募集に限った話ではありませんが、サスティナの工事案件情報を見てみると、例えば「大工 募集 急ぎ」と書かれたタイトルで、詳細は何も書かれていない案件が掲載されていたりします。わざわざ言葉にする必要もないかもしれませんけども、これだと少し乱暴な印象が否めません。

ましてや、大工は今より「良い元請け業者」がいれば、問合せ・応募してみようというぐらいのスタンスなので、そのような乱暴な印象を与えるものの書き方をするような元請け業者に対して、大工が魅力を感じるでしょうか?答えは「いいえ」です。当然、丁寧に書かれている方が印象が良いに決まっています。

3.大工さんへの対価・予算について

現状、多くの元請け業者が協力業者を募集するときに、「見積希望」という項目を選択して情報掲載をしていることが多くなっています。お金についてはセンシティブな内容となるので、ここで「こうしなさい」ということを強く述べることはできませんが、大工は人気職種なので、他者と並列に並べられないようにするためにも、予算記載を選択するのも一手かもしれません。

4.大工さんの募集期間の設定について

あなたが急ぎで1日にも早く、大工を見つけたいという気持ちは十分に理解できます。ですが、いくらあなたがそれを強く望んでいたとて、募集期間が短ければ短いほど、見てくれる大工も応募してくれる大工も少なくなります。その数が少ないならば、良い大工と出会う確率ももちろん下がります。

大工にも、他の協力業者募集情報に触れて、比較検討する時間が必要です。特に大工は現状に不安を抱えていない(または少ない)ので、この猶予を持って考えたいという人が少なからずいることでしょう。あなたが抱えている現場で欠員が出てしまい、急遽大工が必要となってしまった場合は例外ですが、そうでもない限りは日程を取って計画的に進める方が良い大工と出会う可能性は高まります。

サスティナで大工工事の協力業者を募集する

2019年6月28日現在、サスティナには10,140社の会員が登録しており、その中にはあなたの協力業者候補となる大工が多数存在しています。そうした大工が数多く集まるサイト上で、協力業社を募集するわけですから、見つかりやすいのはある意味当然です。これまで知り合いづてで大工を探していたという人にとっては、時間の短縮・労力の有効活用にもなります。ぜひ、サスティナで協力業者を募ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG