電気工事士の一人親方とは?年収は?募集で協力業者になってくれやすいのはなぜ?

電気工事士の一人親方って?年収は?

電気工事士の一人親方とは、いわゆる「個人事業主」のこと!

一人親方の仕事の請け方は様々で、付き合いのある工事会社から、1人工あたりいくらで工事案件の応援に行くこともあれば、一括いくらという下請けという形で仕事することもあります。

また、一人親方自身が応援の職人を雇うことも。

よくあるメリットでいうと、下記です。

  • 正社員よりも稼げる
  • 育成すべき部下や、上司を抱えないので気が楽
  • 自由に働ける

しかし、その一方で、自分で確定申告しなければいけませんし、請けた案件で人手が足りなくなれば自分で探さなくてはなりません。

会社から独立するメリットがある反面、会社の恩恵を受けられなくなるデメリットもあるということです。

また、年収も、安定して案件がもらえれば都心部であれば下記程度が平均だそう。

平均日当
約18,000円
平均年収
約500万円

一人親方として独立するには、継続して仕事をもらえる工事会社との付き合いが重要です。

新しい工事案件を増やすには、下記方法があります。

  • 人脈をたどって元請け会社を紹介してもらう
  • 個人のお客様を開拓する(チラシなど)
  • ネットの工事マッチングを利用する(こちら

自分にあった方法を探してみましょう。

一般的な募集で電気工事の一人親方を探すのが難しい理由

電気工事士の一人親方(有料会員)は、サスティナに数多く会員登録しています。ちなみにサスティナのマッチングサービス上で分類する職種の中では、電気工事は2番目に多い一人親方数です。

電気工事士の一人親方は簡単には出会えない

電気工事士の一人親方は国家資格を保有する一定程度の経験を積んだプロ。だからこそ恒常的にもしくはピンポイントでその仕事を必要としている建設業者は多いというのが現状です。しかしながら、一人親方を探すのはそう簡単ではないようです。

PRツールを持っている電気工事士は少ない

なぜなら一人親方は元々そうしたITなどとの縁が深いわけではなく、現場で電気工事士として電気工事の技術やサービスの向上に努めてきた人たちなので、自身の仕事と直接的に関わらない(実務として)ホームページのようなPRツールを持っているという人が少ないのが現状だからです。

電気工事士と出会うのは現場がサスティナ

そうなると電気工事士の一人親方を募集する場合、発注したい・取引先を増やしたい募集側は知人やその周辺をツテ頼りに探すのか、新たな現場などで知り合うことに期待するのか、自社ホームページなどで募集をかけて、そのページに一人親方の電気工事士が訪れてくれることを待つぐらいしか手立てはありません。こうした事情があるからこそ、一人親方の電気工事士を募集するのは難しくなっています。

なぜ、サスティナだと電気工事士の一人親方が見つけられるのか

まずはじめに、サスティナに会員登録している電気工事士の一人親方とは、どういう人たちなのだろうということを考えてみてください。第1にサスティナに会員登録するということから考えてみましょう。サスティナでは会員登録にはあまり手間をかけさせないように配慮していますが、何もしないことと比べれば当然手間はかかります。その上でさらに、サスティナには有料の会員も存在しています。

サスティナに登録する電気工事士は上昇志向

裏を返せば、彼らはそうした手間や時間をかけてでも仕事を見つけたいと思っている上昇志向にあふれた前のめりな一人親方であり電気工事士だと言えます。だからこそ、仕事を頼みたい発注側は、末長く付き合いたい新規取引先の開拓として電気工事士の一人親方を募集することも、ピンポイントの工事案件で現場に不足している電気工事士を探す場合も、サスティナを使うことで電気工事士の一人親方とつながりやすいのです。

また前述のような前のめりな一人親方が多数会員登録しているので、サスティナ上に電気工事士募集の案件を登録すれば、会員の一人親方から問合せや応募希望の連絡を受けることができます。そして、サスティナでは発注側と受注希望側がダイレクトに連絡を取り合うことができるので、スムーズに仕事にいたるマッチングが可能となるでしょう。

サスティナの場合、マッチングにおける成功報酬などの支払いは発生しませんので、今後の業務拡大を見越して電気工事士を探していたり、馴染みのない地域の現場で電気工事士を探すことが求められている元請けであれば、打って付けのサービスであるとも言えるのです。

サスティナなら人工は安すぎない適正価格が保たれる

サスティナのマッチングサービスは、一見元請け側が人工などを値下げしていく一方なのではないか(低い金額の人工で請けてくれるところにしかお願いしない)と思われがちですが、決してそうではありません。なぜなら、元請け側が自分が良いと思える電気工事士を探しているのと同じように、電気工事士側も働きやすい現場、働き甲斐のある案件を提示している元請けを選べるからです。

電気工事士は一定の元請けだけに帰属せず、たくさんの元請けとつながりを持つことで、自社の条件に合わない工事であれば、辞退するという選択肢を持つことができるようになります。こうして双方に選ぶ権利がある以上、一方的に人工が下がっていくことはなく(そもそも著しく人工の安い案件には問合せが届かない)、適正な金額に自動的になっていくと言い切れるのです。サスティナでは、元請けも電気工事業者や一人親方もそれぞれたくさんの人々とつながってほしいと考えています。

多くの問合せを集めたいなら一人親方にわかりやすい募集掲載を!!

元請けが電気工事士の募集を掲載するときに意識してもらいたいのが、「閲覧者」はそれぞれ状況が違うということです。中には、何度もサスティナのサービスを使って仕事を受けている一人親方もいれば、会員登録から日が浅く、マッチングの流れや発注側とのやり取りに不安を感じつつという人もいます。

場所や日時、金銭的な部分はもちろんのこと、電気工事士にどんな仕事をお願いしたいのか、どのような人物を求めているのかなど、誰が読んでも伝わりやすい工事案件内容である方が、一人親方からの反応が良いことは間違いありません。

極端な例を挙げるなら、仮にここまでに書いた内容が全部英語だった場合、本記事の閲覧者のうち内容を理解した人は大幅に減少することだと思います(一般的な日本人の英語理解力から考えた場合)。でも、仮に外国からの入職者が多い職種で、一定の読者を期待できるの工事案件であれば、英語で協力業者募集を書くというのも一つの手段となるのです。

求める人材によって書き方の正解はさまざまというと不親切かもしれませんが、そこは発注者側が知恵を絞って文章を作成する必要があります。上記はあくまで例にすぎませんけれども、それぐらい読者のことを想定して募集文を考えてみるという工夫も大切なのです。

サスティナ会員の電気工事業者

北海道の電気工事業者はコチラ

東北エリアの電気工事業者はコチラ

関東エリアの電気工事業者はコチラ

東海エリアの電気工事業者はコチラ

北陸エリアの電気工事業者はコチラ

関西エリアの電気工事業者はコチラ

中国エリアの電気工事業者はコチラ

四国エリアの電気工事業者はコチラ

九州・沖縄エリアの電気工事業者はコチラ

最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG