舗装工事に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった

道路の舗装工事を行なっている会社の施工模様に密着。ある工場内の舗装工事の現場に同行させてもらいました。その模様をお届けします。

取材に協力してくれた清和建設は、8割を受託仕事としていて、なかでも道路の舗装工事を主軸とした事業を展開しています。いわば道路舗装のスペシャリスト集団です。ある工場内の舗装工事の現場に同行させてもらいました。

舗装工事の体験者

午前7時。吐けば白い息も出る気温(取材は冬場に行いました)のなか、清和建設にやってきました。普段なら寝ている時間ですが、現場仕事は朝が早いのですね。

事務所での舗装工事の職人

事務所には、すでに強面の男たちが集まっていました。芸能人のドッキリに出てくるような展開でちょっと怖い。今日の現場の作業を確認しているようです。

機材を積み込む舗装工事の職人

確認を終えると、今日の工事の作業に必要な機材の積み込みがはじまります。使う機材の確認をしながら、手際よく積み込みます。

舗装工事の機材
舗装工事の機材等が積み込まれたトラック

積み込みを終えると、すぐに工事の現場へ向かいます。トラックに乗れる人数が限られているので乗り合いで向かいます。

舗装工事の職人が現場へ出発

現場到着!いよいよ男の仕事がはじまる

舗装工事の体験者が現場に到着

午前8時30分。今日の工事現場に到着しました。今回は、道路舗装といっても、とある工場内部の道路舗装です。

舗装工事の現場

この工場では、フォークリフトを使って資材輸送をしているのですが、道路に歪みとひび割れがおきてしまい、フォークリフトで運ぶ資材の落下の危険性が出てきたため、段差をなくす舗装を依頼してきたそうです。

舗装工事会社の高木清さんと体験者

今回の工事現場を案内してくれる高木清さんです。高木さんは、舗装工事歴12年のベテラン職人です。この日の舗装工事の主な仕事の流れは、以下の通り。この中で下地となる砂利を敷く作業と、アスファルト合剤を流しならす作業を体験させていただきます。

  • 舗装する部分をカッターで切る
  • アスファルトを剥がず
  • 下地となる砂利を敷く
  • アスファルト合材を流しならす
  • 上からローラーで固める

いよいよ仕事開始

舗装工事の現場で指示を出す監督

午前9:00。現場監督からの作業確認と事故が起きないよう注意事項を確認したのち、いよいよ工事がはじまります。

舗装工事がスタート

まずは、舗装する部分のアスファルトにラインをつけます。これはのちに作業するアスファルトカッターという機械でアスファルトを切るためのラインを作っています。

舗装工事でアスファルトカッターを使う職人

こちらがアスファルトカッター。

舗装工事でアスファルトカッターを使う職人

思いっきりエンジンをかけます。

舗装工事でアスファルトカッターを使う職人

このようにラインに沿ってアスファルトを切っていきます。

舗装工事のアスファルトカッター

アスファルトカッターの刃は、ダイヤモンドが配合されていて頑丈なつくりになっています。

舗装工事で作業する職人

一人はしっかりとライン通りに切れているかを確認しながら、仕事を進めます。アスファルトは約5センチほどの厚さを保つのが平均だそうで、5センチ幅で切断していきます。

舗装工事の様子を眺める体験者

私は、砂利を敷き詰めるまで作業がないので彼らを見守るだけです。

アスファルトカッターで切ったアスファルトを剥がす舗装職人

カッターで開けた切れ目にスコップを入れて剥がしていきます。これがコンクリートであると硬いらしく、苦労するらしいです。アスファルトの場合は、比較的柔らかくチョコレートの板のように剥がれます。

アスファルトを剥がした跡

このように10センチほどの切れ目を入れることで、油圧ショベルで剥がしやすいようにします。このようなやり方は道路舗装工事の基本だそうです。

アスファルトを油圧ショベルで剥がす様子

わずか10センチの幅さえあれば、簡単に油圧ショベルで剥がすことができます。

剥がしたアスファルトをトラックに積む

剥がしたものを油圧ショベルへ入れ、それらをトラックへと詰め込みます。

剥がしたアスファルトをトラックに積む

ひとつずつ手作業でやると手間がかかるので、油圧ショベルで一括でやる効率化も現場ならではのアイデアなのでしょう。

大きなアスファルトを油圧ショベルで剥がす

まるで板チョコのように剥がれていきます。

大きなアスファルトを油圧ショベルで剥がす

こうしてどんどんと手際よくアスファルトを剥がしていきます。

剥がしたアスファルトはリサイクルされ、再生アスファルト合材として使われていきます。通常の道路舗装工事や今回の現場で使用するアスファルトは、「バージン合材」という新品を使います。

アスファルトの細かい部分を手仕事で剥がす舗装工事職人

切れ目が甘いとこのように角が残るようです。角もしっかりと鋭角に切るため、剥がれきれない部分は手仕事で剥がします。

アスファルトを剥がし終えた舗装工事現場

キレイに古いアスファルトが剥がれました。

さて、賢明な読者さんならもうお気づきかもしれませんが、筆者は今のところ何も手伝えていません。もっともらしいタイトルになっていますが、体験本番の様子はここです!

休憩中に道路工事の実態と業界事情を聞いてみた

休憩に入った体験者

アスファルトを剥がし終わったので、一旦休憩に入ります。といっても、私はまだ特に何もしていません。さすがに何もしていないのはマズイので、道路工事の実態や業界事情を高木さんに聞いてみました。

舗装工事について語る職人の高木さん

–実際に道路工事と今回の私有地の作業はどのような違いがあるのですか?

道路の舗装工事は、時間が勝負なんです。道路は、朝と夕方に混む時間があります。その時間を避けて作業をしなければなりません。作業する時間は警察にも届け出をしていて、朝9時ぐらいから夕方の混む時間帯までに作業を終えなければなりません。その時間内に、アスファルトを剥がすところから、敷くところまでを完了させます。私有地であれば、就業時間内に終わればいいので、時間を有効に使えますね。

–普段、お昼休憩はどうされているのですか。

舗装工事の場合は、終わらせなければいけない時間が決まっているので、お昼を食べないで作業するときもあります。基本は、近くのコンビニ弁当を買っておいて車内で食べます。とはいえ、時間勝負なので早めに済ませることもあります。

–時間が限られていると結構大変じゃないですか。

効率的にどのように作業したらいいかを考えながら仕事をしなければいけませんし、まったく同じ現場の同じ作業がないので、やりがいを感じますよ。以前は、工場で同じ仕事をずっとやっていたのですが、自分の性格上飽きてしまって…。だから今の仕事は楽しくて仕方がないですね。

舗装工事について語る職人の高木さん

–男性しかいないような現場の雰囲気ですが、女性もいたりしますか?

女性もいますよ。いまうちの会社の若い衆が飛び込みの電話で入社したのですが、その仲間の中に女性もいて、うちの会社で働いていますし。

–業界的には女性は少ない方ですか?

8〜9割が男性ですね。どうしても力仕事が多い分、女性が少なくなる傾向がありますね。

休憩時間を各々に過ごす舗装工事職人

–新入社員を募集していたりするんですか?

うちはいつでも誰でもウェルカムですよ。先ほど話に出た若い衆たちはうちで一番若いんですが、20歳ですし。彼らなんて電話で「働きたいです」と言ってきて、即入社してきましたから。「いつから働ける?」って、面接だけで入社できますし。彼らは今どきの若者にしては、根性あるなって思いましたね。でも彼らが入ってくるまでは僕が一番下っ端でしたからね。

–忙しいときは、やっぱり3月近くですか。

そうですね。やっぱり年明け1月から3月にかけてが繁忙期になりますね。でも、仕事がある分だけやりがいを感じるので楽しいですよ。

そう言って、照れ臭そうに笑いながら「仕事に戻りましょう」と作業に向かう姿は、現場で働く男のカッコよさと妙に響く説得力を感じました。

いよいよ下地を敷く出番がやってきた

舗装の下地となる砂利を巻く様子

次に下地となる砂利を敷く作業です。

トラックに積まれた下地となる砂利

トラックに載せられた砂利を下地として敷き詰めていきます。

舗装の下地の砂利を手作業で平らにする職人

ようやくここで私も作業に加わります。油圧ショベルで下ろした砂利をスコップとレイキ(地面をならすトンボ)で平らにならしていきます。この砂利を平らにしておかなければ、次のアスファルトを敷く作業に影響するので均等になるようにならします。

下地の砂利を平らにし終えた施工箇所

このように砂利を敷き詰めた上から、「プレート」という建設機械で下地を固めていきます。

「プレート」という建設機械で下地固めをする舗装工事職人

敷き詰めては、固めるの作業を張り替えるすべての範囲でおこないます。

舗装箇所にローラーをかけて下地を平らにしていく様子

敷き詰め終わると大きなローラーで圧力をかけて平らになるまで何度も行き来します。これで下地の作業は終了です。

アスファルトを敷く作業は、時間との勝負

午後14:00。アスファルトを敷く下地ができ上がったところで、いよいよアスファルト合材を流し込みます。アスファルト合剤は、冷えて固まると硬くなり使い物にならなくなってしまうので、時間との勝負です。あらかじめ作業する範囲のアスファルト合材を業者に発注し、下地作業を終える時間に届くよう連絡をしておきます。

アスファルトの接着のために職人が接着剤を縁に塗る様子

今回敷くアスファルトと、以前敷いてあるアスファルトを接着させるために、接着剤として乳剤というものを縁に塗ります。

アスファルトを油圧ショベルで投入する様子

接着剤を塗り終えると、いよいよアスファルトの投入です。アスファルトはなんとも言えない油の匂いがあります。油圧ショベルでアスファルト合材を下地の上に敷き詰めていきます。

アスファルトを投入していく舗装職人

少し多めにアスファルトを入れます。これは、固めた時にしっかりとアスファルトの密度が濃くなるようにするためです。縁の接着する部分は、多めにアスファルトを入れておかなければ、古いアスファルトとのズレが生じてしまうため、ほかの部分よりも高く盛ります。

舗装職人の仕事の様子

こちらは、密度が粗い部分にアスファルト合材の細かい粒子を振ることで密度を高くする作業です。

バーナーを使ってアスファルトを溶かしていく職人

その上からバーナーでしっかりと熱して溶け込ませます。

プレートでアスファルトを固める舗装工事職人

最後は、しっかりと固めて平らに均します。薄い木板の上には油が引いてあり、アスファルトを固めるプレートがアスファルトとくっつかないようにします。

舗装箇所

このように切った境目がピッタリと重なるように作業します。

舗装工事を行う舗装職人

アスファルト合材は、熱を持っているため湯気が立ちこめます。夏になると灼熱になるそうです。体力が必要な仕事です。

スコップを使って舗装工事を行う職人

アスファルト合材は、粘着力があるためならす作業は力がいります。多めに入ってしまった合材をスコップで調節しながら均等にしていきます。

アスファルト合剤を平らにしていく舗装職人

一見簡単そうに見える作業も、この作業こそが道路の出来を決めるためかなりの神経を使います。この時点で平らになっていないと道路が波を打ったり平らにならなかったりするそうです。

アスファルト合剤を平らにしていく舗装職人

このように別の作業者が常に平らかどうかを目視して進めていきます。

アスファルト合剤を平らにしていく舗装職人

平らでないところは微調整して均します。少しの力加減でアスファルト合材が溜まってしまったり、少なすぎたりするので経験値がものをいう作業です。

プレートでアスファルト合剤を固めていく舗装職人

先ほどと同じように、アスファルト合材を敷き詰めると上から固めていきます。

舗装箇所をローラーで仕上げる様子

一通り固めたところで、ローラーで何度も行き来して仕上げていきます。

舗装箇所をローラーで仕上げる様子

最後は、縁の部分に乳剤を塗り、表面の粘着を抑えるために砂を敷いて、完成です。

最後に

体験を終えた体験者

車でたまに見かける舗装工事の仕事をこんな間近で体験できることはそうそうありません。貴重な体験をさせていただきました。アスファルトを切る作業から目からウロコなことばかりで、舗装工事がこんなにも時間との戦いだったとは知りもしませんでした。

この現場で働く方々のアスファルト舗装にかける熱意と作業をする背中とアスファルトの油の匂いが「ザ・男の仕事」を感じさせてくれました。ここで働く男たちの眼差しには、アスファルトに賭ける「男の働くかっこよさ」がありました。

取材協力:清和建設株式会社

(取材・文=高橋ケン)

舗装工事に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった
最新情報をチェックしよう!
>建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

建設マッチングサービスSUSTINA(サスティナ)

SUSTINA(サスティナ)は大工・内装工事・設備工事・足場・鉄筋・解体・土木をはじめ全国10,340社の建設会社が登録する業界最大数のマッチングサイトです。これまで人の紹介で繋がりを作ってきた建設業界の「新たな出会いの場」として、SUSTINA(サスティナ)は工事職人探しや工事の受発注をより簡単に、お客様の目的に合ったサービスをご提供します。

CTR IMG