バンドマンの父が創業し、マジシャンの息子が引き継いだガラス工事会社

失敗できない緊張感を楽しむガラス工事職人

中里正紀さんは、ガラス工事歴20年になるベテラン職人だが、マジシャンというもう一つの顔を持っている。

ガラス工事もマジックも繊細な技術が求められ、失敗は許されないのが共通点。取り扱いが危険なガラス工事には今でも緊張するが、「それを乗り越えたときの達成感がたまらない」と、プレッシャーを楽むところはマジシャンならではらしい。

ガラス工事職人とマジシャンという二足のわらじを履いている中里硝子工業の中里さんに、これまでのキャリアやガラス工事の心構えなどについて話を聞いてきた。

ガラス工事職人とマジシャンの両立

中里正紀(なかざと・まさき) / 中里硝子工業株式会社 / ガラス工事、アルミサッシ取付け工事、メンテナンス・修理
中里正紀(なかざと・まさき) / 中里硝子工業株式会社 / ガラス工事、アルミサッシ取付け工事、メンテナンス・修理

–中里さんがガラス工事職人になったキッカケは何でしたか?

中里正紀(以下、中里) 父が中里硝子工業を立ち上げて、長男だった私が職人家業を継ぎました。弟の2人も同じ仕事をしています。

–中里硝子工業の創業の経緯は?

中里 父は元々バンドマンだったのですが、祖父が亡くなった時に親戚から「フラフラしてないで、しっかり働け」と紹介されたのが、硝子を加工する仕事だったそうです。そこで硝子加工の技術を学んだ父が中里硝子工業を開業しました。

–中里さんはガラス工事一筋でやってきた?

中里 私も社会人になってすぐにガラス工事職人になった訳ではなく、最初は手品グッズを製造する会社で働いていました。元々マジックが大好きなんです。様々な企業にノベルティグッズとして手品用品を採用してもらうため、各所でマジックの実演をしていました。

ただ、父と私の間でなんとなく「先々は頼むね」という共通の認識がありました。ですから、そのマジックの仕事は5年で辞めて、中里硝子工業に入って修行を重ねて跡を継ごうと決めたんです。

–きっぱりマジックを諦めて中里硝子工業に入社した形ですか?

中里 本当にマジックが好きなので、最初はガラスで怪我をしたら、手がガサガサになってマジックに影響するんじゃないかとか、そんな心配もしてました(笑)。それでも、中里硝子工業に入ってからは先輩にも恵まれ、10年間はひたすら現場で仕事を覚えました。気が付けばガラス工事に従事して20年です。

今ではガラス工事の仕事とマジックの講師の二足のわらじでやらせてもらっています。マジックはウチの会社が休みの日に、サービス系の企業さんなどで教える機会を与えてもらっています。その企業がお客さんとの「コミュニケーションツール」として活用するためのマジックですね。

ガラス工事の緊張感と達成感

ガラス工事の心構えと達成感について語る中里硝子工業の中里さん

–ガラスはデリケートな材料ですが、施工経験を積めば慣れるものですか?

中里 私はいまだにすごく緊張しながら扱っています。むしろ、私よりも一般の人のほうが気軽に触ろうとしますよ(笑)。大きいガラスだと1枚でもそれなりの金額になりますし、扱い方を誤れば怪我にもつながりますので、毎回「恐い」と思いながら、慎重に施工しています。

–特に緊張感が高まる現場はありますか?

中里 大きなガラスを職人6〜10人で取り付ける現場があるんですけど、これがものすごい緊張感なんです。ガラスに自重がある分、全員で連携しながら慎重に行わなければなりません。

サッシにはめ込む途中で、サッシが噛んでしまってガラスを動かせなくなる時があるんですね。無理をして動かそうとすると、ガラスの破損やサッシの損傷が起こりやすく、力みすぎて割れたりでもしたら、それが落ちてきて大惨事になりかねません。

だから、職人たちがミリ単位で、絶妙な加減で調節しながらなんとかするんです。若い人はついつい力任せになりがちな状況ですけれども、そうじゃない。あれは経験があるからこそなせる職人技です。でも、そうした緊張を乗り越えた時の達成感はたまりません。緊迫の場面だからこそ、プロのガラス工事職人としての腕の見せどころでもあります。

–ガラス工事職人にとってのやりがいとは?

中里 やはり「ありがとう」と感謝してもらえることですね。お客さまと直接対面する場合に言っていただくことが多いです。

私は主に1都3県でお仕事をさせてもらっていますが、最近はメンテナンスやガラス交換の依頼が増えてきたおかげで、いろんな場所へ行かせてもらうことができて新鮮です。時間に余裕があれば、近くの観光名所に立ち寄ったりもできるので、仕事以外の面でも楽しませてもらっていますよ。

ガラス工事は「怪我をしないこと」が最優先

–中里硝子工業の強みは?

中里 「中里さんなら任せて安心」という感覚を提供できることです。事前準備や最後の掃除などは徹底していますし、私自身、すごく心配性でして、施工計画はかなり前から考え始めるようにしているんです。施工後の引き渡しの際には、ガラスの破片が落ちていないか入念に確認し、ガムテープを使って掃除してから帰ります。

–ガラス工事で「譲れないこと」はありますか?

中里 当たり前のことですが、「怪我だけは絶対にしないように」と心がけています。たまに、ものすごく危険な環境での施工を求められることもありますが、そういう現場ではこちらから「それは無理です」とキッパリ断らせてもらいます。

極力、無理なお願いにも応えられるように努力してきましたが「安全に対する無理だけはしない」というのが揺るがない部分です。万が一が起きた時、誰も得しませんので。

–中里硝子工業のこれからのビジョンは?

中里 お客様や取引先の皆様に、先ほど申し上げた「任せて安心」と思ってもらい続けることに尽きます。そのために必要な仕事を、これからも継続していきたいです。

[企業情報]

社名/中里硝子工業株式会社

https://sustina.me/company/104855

本社所在地/東京都江戸川区東葛西6-37-7

自社請け可能工種/ガラス工事、アルミサッシ取付け工事、メンテナンス・修理

対応可能エリア/1都3県

 

詳しくはこちらをクリック